コンセプチュアル思考〈第9回〉 概念をモデル化する

画像: Career Portrait Consulting

2016.06.02

組織・人材

コンセプチュアル思考〈第9回〉 概念をモデル化する

村山 昇
キャリア・ポートレート コンサルティング 代表

概念を起こす力・意味を与える力・観をつくる力を養う『コンセプチュアル思考』のウェブ講義シリーズ

コンセプチュアル思考の基本的技術は次の5つです。

 〈1〉定義化  物事の本質をつかみ言葉で表わす
 〈2〉モデル化  物事の仕組みを単純化して図に表わす
 〈3〉類推  物事の核心をとらえ他に適用する
 〈4〉精錬  物事のとらえ方をしなやかに鋭く
 〈5〉意味化  物事から意味を見出す/意味を共有できる形として描く

今回は2番目の「モデル化」をトレーニングするワークを紹介します。コンセプチュアル思考の訓練では、「仕事」とは何か、「事業」とは何か、「自信」とは、「幸福」とは、といったような人それぞれで解釈が異なる大きな言葉を選び、それを題材にして抽象化・概念化を行ないます。そういう思考作業をやる過程で、自分自身の「観」をあぶり出し、醸成していきます。それで今回の題材は「成長」です。

私たちは日ごろの仕事現場、生活の中で「成長」ということをよく意識しますし、「成長が大事だ」「成長したい」と口にもします。ですが、そのわりに、どれだけの人が「成長」がどういうことであるかについてじっくり考えたことがあるでしょう。「成長」が辞書的にどんな意味であるかは知っているものの、それを成長「観」という深いレベルで肚に落とし把握している人は少ないものです。

考えるといっても、頭の中でちょこちょこっと泳がせているだけでは、ほんとうに考えたことにはなりません。考えたことは自分の外に表現してはじめて、考えたと言えます。そして表現することで「ああ、自分はこう考えていたのだ」ということを知るのです。ピカソが「描きたいものを知るために、画家は描き始めなくてはならない」と言ったとおりです。

◆具体と抽象を往復するコンセプチュアルワーク
では、コンセプチュアルワークに入っていきましょう。私が研修・ワークショップで使用するワークシートは次のようなものです。この記入欄の設計は、コンセプチュアル思考の基本フローである「π(パイ)の字」(抽象化→概念化→具体化)の流れにそっています。



思考作業としては、まず具体の世界に思いを巡らせることから始まります。ワークシートの作業1の欄には、次のような指示が書き込まれています。


【作業1】「成長」にまつわる体験・出来事・見聞・観察・記憶
これまでの仕事生活・人生を振り返って、または世の中を見渡してみて、
 ・自身のこれまでの成長体験、成長エピソード
 ・他者を通して見てきた人が成長・変化する姿
を具体的に思い浮かべてみましょう。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

村山 昇

キャリア・ポートレート コンサルティング 代表

人財教育コンサルタント・概念工作家。 『プロフェッショナルシップ研修』(一個のプロとしての意識基盤をつくる教育プログラム)はじめ「コンセプチュアル思考研修」、管理職研修、キャリア開発研修などのジャンルで企業内研修を行なう。「働くこと・仕事」の本質をつかむ哲学的なアプローチを志向している。

フォロー フォローして村山 昇の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。