コンセプチュアル思考〈第6回〉 「コンセプト|concept」とは何か

画像: Career Portrait Consulting

2016.04.04

組織・人材

コンセプチュアル思考〈第6回〉 「コンセプト|concept」とは何か

村山 昇
キャリア・ポートレート コンサルティング 代表

概念を起こす力・意味を与える力・観をつくる力を養う『コンセプチュアル思考』のウェブ講義シリーズ

◆抽象によってとらえた内容―――それが「コンセプト」
その物事が何であるかを考えるとき、そこから要素を引き抜く形が抽象化ということでした。その抽象によって「とらえた内容」――そこには、本質的なことやおおもとの「一」なること、いくつかの物事を括る共通性などが含まれていました――をここでは「コンセプト|concept」と呼ぶことにします。

concept という英単語は、強調の接頭語「con-」に語根「cept」が付いた形です。ceptは語根「ceive=つかむ・受け取る」の名詞形です。したがって、conceptは「しっかりとつかんだもの・内容(そして自分の中に取り込んだもの・内容)」がおおもとのニュアンスです。広告業や企画職の世界でよく「この新製品のコンセプトは……」などといいます。これは構想や意図といった意味に先鋭化されていますが、やはり根っこには「つかむ」の意味を含んでいます。

同じ語根を持つ単語に percept がありますが、これは「(感覚器官による)知覚」です。concept はこの知覚したことを、さらにそれが何であるかという理解や解釈、構成にまで進めるはたらきです。一般的には「概念」という訳語が与えられています。ちなみに、この concept には「受胎」という意味もあります。たしかに、語根が「つかむ・受け取る」ですからうなずけます。また、ドイツ語でも「概念」にあたる語は「begriff」であり、これも「つかむ」の意味です。


いずれにせよ、私たちは抽象して何かをとらえようとします。しかしそのとらえた内容、すなわちコンセプトは、最初の段階では「粗い念」で、いまだ曖昧模糊としています。理性的な動物である人間は、そのようなモヤモヤとした状態が嫌いなようで、とらえた内容を言葉として定着させようとします。そう、「定義化」です。物事を定義することによってはじめて、「粗い念」だったコンセプトは輪郭と中身が与えられることになり、より確かにとらえられた状態になるのです。人間はそうした安定した状態を好みます。頭のなかを理という秩序で治めたいのでしょう。ともかく、そうした言葉の定義によって生まれるのが「概念」です。

◆人それぞれのコンセプト
さてさらに、ミニワークを通して理解を進めていきましょう。

  〈ミニワーク〉

  「事業」を下の形式で自分の言葉で定義せよ。
    ───事業とは「〇〇〇」である。

ビジネス社会に生きる私たちにとって、「事業」とは当たり前すぎるほどの言葉ですが、いざ定義するとなるとけっこう難しいかもしれません。まず、頭の中で事業のいろいろな場面や形式、実態などを思い浮かべてください。そして本質の部分に入り込んでいき、そこから何を抽象してくるかです。そして抽象したことを言葉に落とす。さて、あなたは事業をどう定義するでしょう。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

村山 昇

キャリア・ポートレート コンサルティング 代表

人財教育コンサルタント・概念工作家。 『プロフェッショナルシップ研修』(一個のプロとしての意識基盤をつくる教育プログラム)はじめ「コンセプチュアル思考研修」、管理職研修、キャリア開発研修などのジャンルで企業内研修を行なう。「働くこと・仕事」の本質をつかむ哲学的なアプローチを志向している。

フォロー フォローして村山 昇の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。