キャリア・デザインに欠かせない5つの視点

2016.04.15

組織・人材

キャリア・デザインに欠かせない5つの視点

川口 雅裕
NPO法人・老いの工学研究所 理事長 /一般社団法人「人と組織の活性化研究会」理事

キャリアを考えるとき、多くの人が振り返りにおいては何故そのようになってきたかが判然としない、展望においても理想論で地に足が着いていない感じがするといったことになりがちである。

四つ目は、自分の育ちである。親の姿や教育方法など幼い頃の身近な環境は、いくつになっても染み付いてとれないほどの大きな影響をそれぞれに及ぼしている。年をとって自分を客観視できるようになってくると、「親に似ている」と実感する人が多いのはその証左である。会社選びにおいても、親の仕事や仕事ぶり、親の会社観・仕事観と無関係という人は(反面教師的にしている人も含めて)少ない。人づきあい、職場での振舞い、出世欲、金銭感覚、商売っ気、困難への取り組み姿勢などの違いは、育ってきた環境に少なからず影響された結果だ。だから、育ちという原点を見つめなおすのも、キャリアを考える際には有効である。

最後に、自分の素質である。行動や思考の特性、能力的特徴や有無、得意・不得意な分野、好き・嫌いと感じることなども、そう変わるものではない。大きなフレームで物事を考える癖のある人が、急に細かな点に気付けるようになったりはしないし、フットワークの軽かった人がいきなり思慮深い人間になったりもしない。様々な仕事の結果やキャリアの軌跡はこれらの特性や能力が原因の一つなのであり、自分の素質について大雑把でも仮説であっても考えておいたほうがよいだろう。


川口雅裕オフィシャルサイト

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

川口 雅裕

NPO法人・老いの工学研究所 理事長 /一般社団法人「人と組織の活性化研究会」理事

組織人事関連(組織開発・人材育成・人事マネジメント・働き方改革・健康経営など)や、高齢者・高齢社会をテーマとした講演を行っています。

フォロー フォローして川口 雅裕の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。