今日は何の日 3月14日は「ホワイトデー」

画像: PhotoAC hirobirockさん

2016.03.14

ライフ・ソーシャル

今日は何の日 3月14日は「ホワイトデー」

INSIGHT NOW! 編集部
クイックウィンズ株式会社

バレンタインデーのお返しの日として、すっかり日本の年中行事となったこの日を制定したのは、福岡市にある老舗の菓子店でした。

今日、3月14日は「ホワイトデー」です。

バレンタインデーのお返しの日として、すっかり日本の年中行事となったこの日を制定したのは、実は福岡市にある「石村萬盛堂」です。黄身あんをマシュマロで包んだ銘菓「鶴の子」で有名な老舗菓子店です。

1977年(昭和52年)に発案した当時は「君からもらったチョコレートを僕の心(白いマシュマロ)でやさしく包んでお返しするよ」という意味づけをして、マシュマロを返すという設定でした。今は、マシュマロに限らず、さまざまなお菓子が贈られていますね。

バレンタインデーにチョコレート、というのは1950年代からはじまり、60年代から70年代にかけて定着したそうですので、ホワイトデーはずいぶん「後付け」だったのだとわかります。こういうムーブメントというのは、狙って起こすのは案外むずかしいものですが、ホワイト・デーはすんなり定着しました。お礼やお返しをどうすればいいのか、ひそかに悩む男性がそれだけ多かったと言う事でしょう。

いわゆる「義理チョコ」がオフィスに蔓延するようになって、ホワイトデーのお返しも大変になりました。女性が9割以上を占めるような職場にいたときなど、マネージャーの男性がさながらサンタクロースのように、大量のお返しを背負ってきた姿が忘れられません。まさに男はつらいよです。

この事態を憂慮して、ある企業では「義理チョコ禁止令」を出してみたり、義理チョコ分を募金に回す社内運動をしたりしていました。一度、はじめた習慣をなくすのは、なかなか大変なことのようです。

余談ですが、今年一番秀逸だと思った義理チョコ禁止策は「渡されたチョコはすべて本命とみなす」という社内ルールを貼りだしたという話でした。これは、効果がありそうです。

何はともあれ、今日はホワイトデーです。大切な彼女のために豪華な食事やプレゼントを用意したり、義理チョコ返しのクッキーやキャンディを配ったり、悲喜こもごもの一日がはじまります。あまり無理をしないで、「おかしな」習慣を気軽に楽しみましょう。

PR INSIGHTNOW!でコンテンツ・マーケティングをはじめませんか?

INSIGHTNOW!でコンテンツ・マーケティングをはじめませんか?

提供会社: クイックウィンズ株式会社
対象: コンテンツ イズ キング だとお考えの方 キラーコンテンツをお持ちの方 キラーコンテンツの...
時期・期間: 利用期間に制限はありません。月2回以上の投稿をお願いしています。
実績数: プロフェッショナル登録:約60名
費用: 基本料金無料。記事投稿のみなら無料です。 コンバージョン1件5,000円の従量課金制。 5...
備考: 自社サイトへの直リンクは原則お断りしています。利用規約につきましてはお申し込み時にお渡しいたします。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

INSIGHT NOW! 編集部

クイックウィンズ株式会社

INSIGHTNOW!運営事務局/編集部です。

フォロー フォローしてINSIGHT NOW! 編集部の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。