マンデラ氏が身をもって教えてくれたこと

2013.12.10

経営・マネジメント

マンデラ氏が身をもって教えてくれたこと

三宅 信一郎
株式会社BFCコンサルティング 代表取締役社長

元南アフリカ大統領のネルソン・マンデラ氏が、12月5日、95歳でお亡くなりになりました。 2010年2月7日の投稿記事でも触れましたが、マンデラ氏がなぜこれほどまでにその功績を世界から讃えられているのでしょうか? それは、当時の盟友との厚い信頼関係をベースに、真のリーダーシップを人種問わずに発揮したからであったと思います。 以前の記事を編集して改めてお伝えしようと思います。

1994年、南アフリカ初の黒人大統領となったマンデラは、アパルトヘイト(人種隔離制度)による人種差別など3世紀半続いた白人支配に終止符を打ち、新生南アをスタートさせました。

筆者は、ちょうど1993年から5年間に渡り、商社の駐在員として南アフリカに駐在し、白人政権から黒人政権に移行していく激動の南アでの生活を体験しました。

マンデラ氏の他に、もう一人、アパルトヘイトを廃止し、それまで参政権すらなかった黒人を含む全人種参加の議会選挙を断行し、自分が泥をかぶってでも黒人初の大統領を迎え、南アを国際社会へ見事復帰させたもう一人の立役者がいたのです。

その名は、デクラーク。

3世紀半続いた南アの白人政権最後の大統領です。
このデクラークとマンデラには厚い真の信頼関係が築かれていたと言われています。

当時駐在中に筆者がある要人から聞いた象徴的なエピソードを紹介しましょう。

南アのアパルトヘイトに対する国際的な制裁活動や非難が日増しに高まるなか、27年間もの気の遠くなるような間、ケープタウン沖合の小島にある牢獄で、投獄生活を余儀なくさせられていたマンデラに、時の大統領であったデクラークは、牢獄でマンデラと極秘に面談しました。

「マンデラさん。
 私は、南アをアパルトヘイトから永遠に決別させ、国際社会に
 復帰させたいと思っています。

 そこで、あなたに新生南アを任せることを約束します。

 一方、あなたが権力を握っても、白人に対して仕返しだけはしない
 と約束してほしいのです」

と言いました。

マンデラは

「分かりました。 約束します」

と言い、結果として1990年2月、ついに白人の目の敵であったマンデラは、釈放されたのでした。

マンデラもデクラークも相手を信頼することが唯一の拠り所でした。

それ以外何があったでしょうか?

当時の彼らを取り巻く周りの環境の厳しさを考えると、歴史的偉業を進めるためには、お互い相手を信じること以外に、恐らく何も手段はなかったと思います。

筆者のような凡人から察すると、当時のマンデラの思いとしては、
「30年ちかくも自分を独房に閉じ込め続けた憎っくき白人政権が
 今更何を言うか!

 そんな連中の言うことなど到底信用できない。
 釈放とは名ばかりで、出獄した途端に殺されるかもしれない」

と思っても不思議ではないと思ってしまいます。

一方、デクラークも、

「永年白人と徹底的な武装闘争を続けてきた黒人解放のカリスマで
 あるマンデラに権力を渡した途端どうなるか?

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

三宅 信一郎

株式会社BFCコンサルティング 代表取締役社長

事業力強化・新規事業開発・創業支援コンサルタント (財)生涯学習開発財団認定コーチ 自動認識基本技術者 (JAISA:(社)日本自動認識システム協会)認定

フォロー フォローして三宅 信一郎の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。