変革を期待するなら、支援する覚悟くらい持て!

2013.04.21

組織・人材

変革を期待するなら、支援する覚悟くらい持て!

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

自分に変革する知恵も度胸も行動もないのであれば、せめて、変革に向かって走る人間を徹底的に支援しましょうよ。

※本記事は、(株)Z会
勤務の筆者の個人的見解です。

学生時代に起業した経験を持つ知人が、入った会社(超大企業、もちろん上場しています)で軽症うつになったようで、この3月で辞めました。。。
精神の強さは、普通のビジネスマンと比較しても強い部類でしたし、負けん気も強い人間です。

彼は、大企業コテコテの保守部署に配属されました。
恐らく会社側は、彼に組織変革してもらうことを期待したんでしょうけど、仕組み・制度・社風…などなどが余りにも整わず、とうとう…という感じのようでした、話を聞く限り。

こんなエピソードを聞くと…
管理職、経営者クラスが若い人に向けて

「キミたちの力で今の難局を打開して欲しい!」

と語る人の相当数は

・自分がエエカッコして
・ないものねだりしている

だけじゃないの?と思ってしまいます。

結局、変革者の「支援」をしていませんから。

変革者が変革しやすいように、会社の制度や仕組みを整える。
変革者を持ち上げる社風を作る。
変革者が尖った、目立ったことをやろうとしたとき、それを抑えようとする批判的評論者の声が全体を包み込まないよう、「あいつはあいつでいいんだ」と、腹をくくって。

それは先人の仕事ですよ。

「いや、(社内調和を含め)乗り越えてやるのが、ほんとうの変革者の仕事だ」と、変革しない人が高所から言ってるばかりでは、まず変革なんておきやしません。

若い人に「(会社を)なんとかしてほしい」と期待だけして、本心は、自分の引退の花道(ぶっちゃけ、給料の維持)を飾りたいだけの管理職、経営層って、ほんと、多いんでしょうね、世の中に…。

僕(管理職です)は若い人に「打開して欲しい!」と“だけ”が強くたった言を吐くことはありません。
どんどん提案しろ、そうすれば必ず僕の立場で出来る支援をする、そんな言い方になります。
若い人が定年まで働ける企業を、という思いが強ければ、自ずとそういう言い方になりますって。

そして、若い人の、荒っぽくて、生意気で、感覚的にいろいろ問題点がありそうに感じる提案を、本人には荒さが“過剰”になっているところについて修正するよう伝え、自分は提案をタネとして芽になるようビジネスに落としこんだり、社内共通言語になるよう「翻訳」したり。
それが管理職の、一つの大切な仕事なんだと思っています。

…と、実はこの文章、先にFacebookに投稿したんですよね(今回ややリライトしています)。
すると、こんなコメントがつきました。

・組織の側は「前例のあるイノベーション」「自分たちが変わらなくてもよいイノベーション」を求めるんですよね。

・一人入れてどうにかなる組織なら、もっとまえによくなっているはず。変革者に対する実権も支援もないまま、ただ、「変わろうとしただけ」のふりをするのは、合理的判断の持ち主とは思えない。とおもうのね笑

極めて同感。

変革を他人に期待するのであれば、せめて、支援する覚悟くらいもってほしいものです。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。