正直・公平こそ最強の戦略!

2012.07.26

経営・マネジメント

正直・公平こそ最強の戦略!

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

隠しても、バレます。そんな時代です。 企業戦略上で考えても、最強なのは、正直・公平であることだと思います。

先日、トランスコスモス社理事の萩原雅之さん)が、Facebookで下記のような投稿をしていました。

==========
低い評価が集中していた楽天 Kobo のレビューがまるごと消えてしまった。仕方ないとも思うが、該当ページに表示される「サーバへのアクセスが集中し、ページを閲覧しにくい状態」はないだろう。ほかの商品のレビューは見られるのだから。「みんなのレビュー」の検索結果にも Kobo 本体のみ結果に出てこなくなっている。

(ここに該当サイトへのリンクがありましたが、本記事の内容とは無関係なため、省略します)

これだけ評判形成プロセスが可視化されている社会にあって、このような状況に陥いっても正直が最大の戦略だと思う。ついでに言えば会社としての決定を楽天のどのレベルの責任者が決定し、実行しているのかは興味がある。
==========

激しく同意します。

世の中、なんでいまだに、隠そうとする経営幹部層が多いのでしょう。
世の中、なんでいまだに、「悪評」から目をそらそうとするのでしょう。。。

萩原さんも仰っているように、正直であることは、人として、会社として、「人格者たるべき」という精神論のみならず、戦略上もその方が競争優位に立てる(あるいは、劣位からの挽回が早くなる)ということの方が、ずっと大切なポイントなんです。

「評判形成プロセスが可視化されている社会」なんですから、隠してもバレます。
そして、隠そうとする人ほど、「隠した行為」そのものがバレます。
余談ですが、「隠してもバレる」と弁えていない人ほど、「隠し方」も知らないものです(だって、「隠してもバレる」世の中が見えていないわけですから、隠れた気になってもすぐ見つかっちゃう、というわけ)。

「隠した行為」そのものがバレると、ブランドの著しい毀損につながりますよね。
「隠そうとした事柄」がバレても(今回で言えば「低評価」ということ)、所詮、その部分だけの毀損に留まるのに…。

もちろん、一つの好ましくない事柄で、その企業の商品・サービスの購入を閉ざす方もいらっしゃるでしょう。
しかし、ロイヤルカスタマーは、事柄ではなく企業そのものを見つめていますので、一つの好ましくない事柄に対しては「それはそれ」として捉え、それに対する企業の対処を見つめています。

つまりは、「隠した行為」そのものがバレると、ロイヤルカスタマーはほとんど離れますよね。

好ましくない事柄を隠すことを「リスクマネジメント」と言い張る人も中にはいるようです。
人格的な議論はさておき、昔はそれが戦略上もベターだったのかもしれません。
なぜなら、隠したことがバレても、拡散する危険性が現代より少なかったので。

次のページ公平

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。