「白い恋人」は復活する、その3つの根拠

2007.10.11

経営・マネジメント

「白い恋人」は復活する、その3つの根拠

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

「白い恋人」の賞味期限改ざんが問題となり、自主回収が始まってからもうすぐ2ヶ月。 10月下旬から販売を再開するようですが、果たして以前の名声を取り戻せるのでしょうか? -僕は復活すると思っています。

日本ハムファイターズ、ドラフト1位の中田翔選手に、石屋製菓が「白い恋人」をプレゼントするそうです。
スポーツ報知の記事より引用いたします。
(タイトル:中田に「白い恋人」…石屋製菓がプレゼント約束)

==========
「白い恋人」は8月に賞味期限改ざん問題などが発覚後、生産中止に。7日、天皇杯サッカーのコンサドーレ札幌・TDK戦(札幌厚別)を観戦した同商品を製造する「石屋製菓」の石水勲前社長(63)が今月下旬をメドに製造、販売を再開することを明らかにした。それに合わせて「会社として、中田君には直接手渡したいと思う」と主力商品の“告知”に一役買ってくれた怪物に感謝の意を形にするつもりだ。

 中田は3日の高校生ドラフト直後の記者会見で「北海道のイメージは?」の質問に「白い恋人」と即答。それ以来、あだ名も「白い恋人」となったことを明かしたが、これを聞いた石屋製菓の関係者が大喜びしたという。
==========

「ほんわか」。そんな感覚を受けた記事でした。

さて、「白い恋人」。
北海道の銘菓として復活を遂げるかどうか、いろんな方が注目されていると思いますが、僕は「復活する」と感じています。

1.ホームページの「お詫びとお知らせ」が大変真摯

石屋製菓のホームページは現在このようになっています。
文言やフリーダイヤルの掲載までは、不祥事を起こした企業であれば普通にやることです。
しかし、インターネットでの問い合わせに向き合う姿勢が大変素晴らしいんです。

まずは「メールフォームの明示」。
メールでのお問い合わせをすぐにできるようにしています。
今のご時勢では「アタリマエ」かもしれませんが、「アタリマエ」をやっていない企業もゴマンとありますし、ましてや不祥事の際、電話以外の窓口を設ける姿勢を見せられる企業はそう多くはありません。

そしてこの文章。

「メールでのお問い合わせにつきまして大変混み合っており、ご返事ができない状態でしたが、現在は回復し順次ご返事をさせて頂いております」
※10月10日現在のものです。

「メールでのお問い合わせはお返事できない場合もあります」ではないんですよね。
これまた素晴らしいと思います。

2.『日経ビジネス』での石水勲前社長のコメントが大変真摯

10月8日号「敗軍の将、兵を語る」のコーナーで取り上げられていました。
一部を引用します。

・(改ざんの事実は知らなかったけれど~という文章に続き)だからといって「(改ざんを)知らなかった自分は悪くない」と言いたいのではありません。最も大きな責任があるのは社長だった私です。
・(社内コンプライアンス担当者が辞めてしまった~という文章に続き)結果として社内体制、専門スタッフが不十分なまま放置されることになった。それは私の責任です。
・改ざんをした本人より、それをやらせてしまう社風を作った私が、自分を叱るよりしょうがない。
・(締めの言葉)白い恋人が再び消費者に愛されるようになってほしい。その日が来るのを心待ちにしています。

次のページお客様を想定したメッセージ:「愛されるようになってほしい」。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。