特別講座報告「理系学生が学部時代にやっておくと得すること」

2012.10.19

ライフ・ソーシャル

特別講座報告「理系学生が学部時代にやっておくと得すること」

増沢 隆太
株式会社RMロンドンパートナーズ 人事コンサルタント

「キャリア教育に意味がない」という批判がよく聞かれます。担当する教員として耳が痛い話ですが、確かに愚にもつかないキャリア心理学みたいな授業や、単なる就活トレーニングを「キャリア教育」と言い張っている授業もあるようです。

そんなキャリア教育と一線を画す授業を常に心がけているのですが・・・

東京理科大学で初めて講義をさせていただきました。
その名も「理系学生が 学部時代にやっておくと得する(かも知れない)こと」。

私はキャリア教育は早ければ早いほど良いと思っていますので、学部生に直接話せる機会をいただけたのは本当にうれしく、またそれが理科大のような理系学生であることで二重に喜びとなりました。

今回の対象は学部2年生ですが、大学側が広く声をかけて下さって学部1年生からも参加がありました。ハッ?こんな無名講師じゃ誰も来ないと思って、1年まで呼んでくれたのか~??あー気付いちゃったよ鬱鬱・・・
なんて、全然気にしませんよ!お客さんが一人でも来ていただければバンバン話しますから。

だって今でこそ先日の東工大講義総合アクセスランク(OCW)でトップ2位になれたんですが、平成20年に講義始めたばかりの頃なんて学生数名でしたもん。

金曜の夜という、20歳前後の若者が集まるにはサイコーのシチュエーション。
ってか、来んの?本当に??というアウェイな時間設定でございました。

開始20分前には、東京理科大、記念講堂という立派な会場に着きました。事務の課長さんたちが受付を設定して下さっているのところにご挨拶に行くと、「まだ学生10人しか集まってないです」とのこと。

私にしてみたら、東工大のセミナーや特別講座なんて開始1分前でも学生数名なんてザラなんで、本当は「すごい集まり具合ですね」と言いたいところ。しかしここは威厳を持たねばなりません。
「いえいえ、なんのなんの。何人でも集まってくれる学生さんがいる限り全力でやらせていただきます」と応えました。

一応次第はこんなでした。

将来の進路選択(就職・進学・その他)を考える
※ 大学2年生でやっておくべきこと。
※ 考えておくべきこと。

で、特別講義開始。
実はもう、その後来るわ来るわ。結局講堂が満員の百人になったみたいです。臨時イスまで出していただき、ありがとうございました。

ここまで会場が盛り上がってくれれば演者としてはもうノリノリです。90分立ちっぱなしでしゃべりました。
当初は本当に数人かもと思っていたので、その際は車座でもう少しインタラクティブにやろうという手も考えていましたが、ここまで人がいるとほとんど一方的にしゃべるしかなくなります。よほど慣れた会場でないと、あまり客いじりなどは出来る環境ないです。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

増沢 隆太

株式会社RMロンドンパートナーズ 人事コンサルタント

ベッキーから都知事まで、話題の謝罪会見のたびにテレビや新聞で、謝罪の専門家と呼ばれコメントしていますが、実はコミュニケーション専門家であり、人と組織の課題に取組むコンサルタントです。 大学や企業でコミュニケーション、キャリアに関する講演やカウンセリングをたくさん行っています。

フォロー フォローして増沢 隆太の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。