シニアの経験を活かして、世代間対立の解消を

2012.09.19

組織・人材

シニアの経験を活かして、世代間対立の解消を

川口 雅裕
NPO法人・老いの工学研究所 理事長 /一般社団法人「人と組織の活性化研究会」理事

世代間対立の原因は、中高年の待遇と、彼らの能力や貢献度の関係が見えないことだ。

以前から指摘があるが、教育現場にももっと高齢者を活かすべきである。新卒で教員になった若い先生達にとっては、ビジネスならよくいるレベルの文句言いの人達が“モンスター”に見えてしまうし、進路指導といっても事業の仕組みも会社の組織もよく分らない。聞き分けのない子供達を、どのようにマネジメントしていいか難しいだろう。そのような点での能力不足は、いまさらどうしようもないのだから、社会経験豊富な高齢者に助けてもらえばよい。うるさい親や子供には、一喝してもらう。実社会を語れるのだから進路指導にはうってつけだし、昔話は貴重で面白いコンテンツだ。何よりも、自信をなくし、萎縮している先生達を勇気づけ、学びにもなるはずである。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

川口 雅裕

NPO法人・老いの工学研究所 理事長 /一般社団法人「人と組織の活性化研究会」理事

「高齢社会、高齢期のライフスタイル」と「組織人事関連(組織開発・人材育成・人事マネジメント・働き方改革など」)をテーマとした講演を行っています。

フォロー フォローして川口 雅裕の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。