問題は、「家」なんじゃないか。

画像: PhotoAC みこcameraさん

2015.11.13

ライフ・ソーシャル

問題は、「家」なんじゃないか。

川口 雅裕
組織人事研究者 /NPO法人「老いの工学研究所」理事長/一般社団法人「人と組織の活性化研究会」世話人

要介護者を対象とした「医療・介護」、要介護者対象の老人ホームやサービス付き高齢者住宅などの「施設」に対して、税金をつぎこみ続けても問題はいっこうに解決には向かわない。

家に子供がいるのは、せいぜい20~30年くらい。進学や就職や結婚でいつかは出て行ってしまう。残された夫婦は50歳代中盤で、男はあと10年くらい会社で働き、女は夫の世話とパートなどの仕事を掛け持ちしながら頑張る。60歳代も半ばを迎えて男は定年退職して家にいる時間が増える。本格的な夫婦二人の生活の始まりだ。5年や10年でそれは終わりではなく、20年以上は続く。

そんな夫婦が暮らすのは、広い一戸建やマンションだ。使わない部屋があるし、広すぎて掃除が面倒だし、庭があれば手入れもしなければならない。それに、広すぎるのは何だか寂しい。築20~30年も経てばガタもくるし、地震も不安だし、スキ間があって冬は寒い。買った当時と違って寂れてきたり賑やか過ぎたりして、周辺の環境も気に入らなくなってきた。若い頃には気にもしなかった坂道や段差に、つまづくことがあった。昔は通勤があったから駅近が良かったが、今や電車は週に1~2度しか使わない。評判の良い学校の校区を選んで買ったが、子供もいないので今やどうでもよいことだ。もはや職場仲間もおらず、同世代の知り合いも引っ越して少なくなり、誰とも会話しない日がある。

そんな前向きになれない環境でも、健康でいたい、長生きしたいと思う。だからウォーキングをしたり、スポーツクラブに行ったり、サプリや健康食品を口にしたりするが何か虚しい。健康や長生きが目的になってしまっており、本当にしたいことが見つからない、何のために健康維持に努めているかが分からないからだ。とは言え、病気や介護状態にならないか不安を覚える。病院や介護事業所は近くないし、もしそうなったら誰かが見つけてくれるか、手助けしてくれるか。衰えは避けようがないから、いくら健康維持に励んだって、このような不安が解消されることは決してない。

こういった高齢者の心理を考えると、問題は「家」なのではないかと思う。家に対する不満や不安が多くあり、高齢期の暮らしをネガティブなものにしてしまっている。また、家が事故を誘発したり、孤独を助長したりして、衰えを早めているようでもある。面倒から解放されたい、人と交流して元気に暮らしたい、ケガや病気や介護の不安を解消したいと思うなら、高齢期に合う家に引っ越せばどうだろう。必要なだけの広さと部屋数、いざというときに手助けやサービスが受けられる、人との交流がある。そういう家に住み替えればよい。ライフスタイルに合わない家に住み続けた結果、早く衰え、要介護状態になって子らの世話になり、しばらくして施設に入所、あげくに病院で終末治療を受けて死を迎えるといった高齢期は本人も嫌だろうし、家族も苦労するし、社会的にもお金がかかる。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

川口 雅裕

組織人事研究者 /NPO法人「老いの工学研究所」理事長/一般社団法人「人と組織の活性化研究会」世話人

組織人事関連(組織開発・人材育成・人事マネジメント・働き方改革・健康経営など)や、高齢者・高齢社会をテーマとした講演を行っています。

フォロー フォローして川口 雅裕の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。