こんな女性上司と働きたい 

2011.03.04

仕事術

こんな女性上司と働きたい 

喜田 真弓

厚生労働省の調査(2009年)によると管理職全体に占める女性の割合は8%、役職別に見ると部長職では3.1%だという。アシストの場合、取締役7人のうち2人が女性だが、全役職者のうち女性管理者は21人、役職者の12%である。その女性管理職の中、30歳で教育部の部長となり、現在23人の部下を率いるのが豊田敬子だ。

豊田が入社したのは株式会社オラクル。分社制度をとっていたアシストがデータベース「Oracle」の総代理店として1987年に設立した会社だった。
「教員志望だったので、大学4年の8月末まで教育実習に行っていたため就職活動に出遅れ、幕張メッセで行われた就職説明会に行き、目に止まったのが株式会社オラクルのブースでした。インスピレーションで応募を決めたので、内定するまでアシスト社長のビル・トッテンのことも知りませんでした」

入社後、幕張のサポートセンターでOracleの電話サポートを担当する。翌年にはそれに加えてOracle研修講師、フィールド・サポートも行うようになり、1996年に新たに研修を専門に行うチームが作られ、Oracle研修講師として頭角を現していく。

「すべてのコースを担当できる講師が私しかおらず、出張も含めて1ヵ月間ほぼ毎日講師を担当したり、他の仕事を終えた後の業務時間外にセミナールームのマシン10数台分の設定や配線を一人でしなければならなかった時などは、床を剥いで、ケーブルを這わせて・・・と、2日徹夜したこともあります。振り返ると大変な時はたくさんありましたが、様々なことに挑戦できたからこそ、今何をすべきか、アシストで自分が何をすべきなのかといった気づきが得られるのだと思っています」

1998年、豊田はOracle研修チームの課長となり、5人の部下を持つ。
「その時上司だった男性の先輩から、“せっかく女性でマネージャーになるのだから、マネージャーになったことで驕り高ぶったり、偉ぶったりしないで、常に優しくたおやかな気持ちを忘れないでね”と言われました。その言葉は今でもずっと耳の奥に残っていて、トラブルが起きた時や対人関係で問題が起きそうになった時、常にささやきとして聞こえてきます」
この言葉は性別を問わず新任マネージャーに向けられるべきこと。しかし男性優位が一般的なビジネスの場においては、女性の上司に抵抗を持つ人がいることを考えてのアドバイスだったのだろう。
豊田自身も、個人的には男性の方があらゆる面で優れているという考えを持っていると言い、そのため、相手が強烈な男性優位な考え方を持っていると感じた時は、かなり気を遣い、また自分を制して我慢を強いられる場面もあるという。
「私自身は偉ぶってないと思っても、相手にそう感じさせてしまうこともあるかもしれません。先輩から言われた言葉が私を制してくれる時もありますが、制しきれず、本当に眠れないくらい反省する時もあります」 

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。