TwitterはGoogleを超える次世代検索システムなのか?

2010.01.25

経営・マネジメント

TwitterはGoogleを超える次世代検索システムなのか?

伊藤 達夫
THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

Twitterが週刊ダイヤモンドで特集されていました。私も去年の9月に始めて、面白いなあ、と思いましたが、これはすごい可能性を秘めていると思い始めています。これはGoogleを越える次世代検索システムなのでは?と思い始めています。

 つまり、検索の前に明確化すべき意思を明確化する装置になり得るのでは?ということです。

 これはすごいことです。もはやリスティングとSEOが最強の集客手段になりつつあり、マーケティングの中心はそこにある中で、その前工程を対象領域にするものが出てきているのです。

 米国Twitter社は黒字です。Googleがデータ買う契約をしたり、アライアンスを模索しているから、という側面もあるでしょう。なぜ、GoogleはTwitterをこんなに大事に扱うのか?

 不思議じゃないですか?

 理由が見えない。

 でも、もしも次世代検索システムとしての可能性があるとしたら、ものすごいお金をかけてもおかしくないことですよね?

 当然、Twitterの普及は、米国の貧しいブロードバンド事情なども関係があるでしょう。未だにダイヤルアップな地域もありますからね。

 それますが、日本はブロードバンドの超先進国なんですね。だから、見た目的にTwitterを見ても衝撃はないかもしれません。もっとすごいサイトを見慣れています。

 日本人がTwitterを見ると、なんだろうこのシンプルなものは?と思うでしょう。ただ、日本の事情にあったクライアントがそのうち出てきますので、見た目にも「すごい」と思えて、使ってみても「すごい」ものになるのは時間の問題でしょう。

 と、あんまり一般受けしなさそうなことを書きましたが、いかがでしょうか?

 TwitterはGoogleを越える次世代検索システムの可能性があるかも、ぐらいに思っていただけたでしょうか?

 Twitterについては今後もいろいろと書いていこうと思います。それでは次回をお楽しみに。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

伊藤 達夫

THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

THOUGHT&INSIGHT株式会社、代表取締役。認定エグゼクティブコーチ。東京大学文学部卒。コンサルティング会社、専門商社、大学教員などを経て現職。

フォロー フォローして伊藤 達夫の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。