いま、ここで、目の前のことで認められること

2009.09.26

組織・人材

いま、ここで、目の前のことで認められること

伊藤 達夫
THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

どこか、ほかのところへ行けば、もっと違うことをすれば認められるのでは?というのは、たいてい幻想のように思います。まあ、イチローが社労士みたいに保健の書類作るのはむいてないかもしれませんが・・・。

 もしも、あなたが上司から任せてもらえない人だったとします。それは、認められてないからですね。

 上司は俺のことを見てくれてない、わかってないんだ!と思うかもしれませんが、一応、見てることが多く、評価は正しいことが多いです。

 私の経験則ですが、不満がある人の場合は、特にそうだと思います。

 で、任せてもらえない、評価されていないから、別の会社に行けば評価されるんじゃないか?というのは誰でも考え付くお話しです。

 でも、ある場所で認められていない人が別のところに行っても、認められないでしょうね。

 まあ、よっぽど向かないことをやっていれば別ですが・・・。

 でもまあ、ビジネスマンの仕事のベースって一緒で、そのベースが通用する範囲はけっこう広い。

 初歩的な部分で認められていなければ、どこへ行っても認められないですね・・・。

 それと、昇進に関して言うと、最近は実力主義的になってきていますので、よっぽどの大企業でもなければ、実力があれば、圧倒的な成果をたたき出せば上に行けます。

 でも、誰が見てもわかる圧倒的な実績を、自分でたたき出さないとだめですね。

 意外と、上司のフォローで出している数字を自分の力と勘違いする人は多いです。上司に助けてもらって、ようやく案件遂行ができている状況なのに、それに気がつかない。

 もう、すべてのおぜん立てができているから、プロジェクトが、業務がスムーズに動いているのに、それを自分の実力と勘違いする人も多いです。

 でもまあ、それは勘違いですね・・・。

 そして、大きな会社で評価されないから、中堅どころへ、とやると失敗することが多いですよね。

 なぜか?

 大企業のブランドで、会社の看板で仕事ができていることになっているのに、自分ができると勘違いする人も多いですからね・・・。

 中堅どころだと、何から何まで自分でやるのが当たり前だったりして・・・。

 キャリアのパラドクス的に思うのですが、大企業にいて、キャリア的にはピカピカしている人でも、全体感を持ってやれる人は少ないです。

 逆に、こじんまりしたところで、何から何までやってた人は、すごくできる場合がありますね・・・。

 そりゃ、大企業でもエースクラスは別ですよ。上位5%は優秀なものです。

 今は、大きなところであっても、そこであぶれていて、俺はけっこうやれてるという勘違いをしている人のお話しをしています。

 で、そういう人が中堅どころに行くと、機能しない。できない。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

伊藤 達夫

THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

THOUGHT&INSIGHT株式会社、代表取締役。認定エグゼクティブコーチ。東京大学文学部卒。コンサルティング会社、専門商社、大学教員などを経て現職。

フォロー フォローして伊藤 達夫の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。