広告~クチコミ

「ブロガーを巻き込んで、クチコミを発生させろ!」ってなお題をもらっちゃったら、まず最初に考えなきゃいけないこと。

先日来、「GoogleがGoogleJapanに制裁」があちこちで話題になり
ました。
WEBメディアにおいてもクチコミという手法が注目され、様々な商品
が乱立した結果、中途半端に地雷を踏んじゃったようです。
サイバーバズが自ら傷を負ってBUZZを起こした、とか。

そもそも、なんで、クチコミ?

というテーマは、広告宣伝を生業にするものとしては非常に重要
なテーマ。
広辞苑から引用までしませんが、企業が消費者に対してメッセージ
を発信することの一つが広告宣伝。主に対価を支払う宣伝活動の
ことを指してる感じですかね。

テレビCMを見る人、誰もがそれを企業からのメッセージと認識して
受け取っています。ただのおもしろ動画だとは思ってないはずです。

WEBメディアにおいては、それがバナーだったり、テキストリンク
だったわけで、単価が小さいもんだから圧倒的な数が一挙に登場
しました。気が付くと、どのメディアも広告だらけになってるわけ
ですわ。実はテレビがかなり「まし」だってことなのかも。

WEBメディアも大半は、広告をメインの収益源としているので、
たくさんの利用者を集め、広告の影響力を高め、商品価値を上げ
ようとしました。大きな流れとして、マス化って勝手に言っちゃ
うのは、その辺から。

で、マスメディア同様、広告の効果もバカみたいなうなぎ上りは
無くなり、質を求められるようになりました。検定型広告に注目
したのもその流れ。
ユーザが満足するコンテンツであると同時に、メディアの収益源
ですから、広告の機能も必要だと。

メインが「企業から伝えたいこと」から「ユーザが求めること」に
シフトしてこそ、初めて成功。企業が伝えたいことを無視しては
広告価値がゼロですが、メインを、つまり見せ方を切り替えること
で十分な効果を得ようってな感じで。

そこに登場したWEB2.0~CGM。メディアを実質的には利用者たちが
作るようになっちゃった。利用者が見向きもしないコンテンツは、
広告だろうが、邪魔になったりする時代です。。

ユーザの関心事・意見・思い・・・などがコンテンツとして無限に
登場。
そこに、人が集まり、更に関心事・意見・思い・・・などが生まれ
てく。
つまり、企業のメッセージが入る余地のないメディアに進んでる。

というわけで、昔からあった「クチコミ」ってのが復活してきたの
かと、勝手に思ってます。一般の方の口(手・キーボード)を借りて、
企業の宣伝してくれたら効果的だよね~という。。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。