「エロテロリスト」ならぬ「エコテロリスト」!?

2008.12.03

ライフ・ソーシャル

「エロテロリスト」ならぬ「エコテロリスト」!?

伊藤 達夫
THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

オーストラリアの環境保護団体、シーシェパードがまた日本の調査捕鯨を妨害する!とおっしゃているようですね。そこにハリウッド女優が参戦ですか・・・。自らの思想を元に、国に打撃を与えるのはテロですよね。彼らは私たちになじみのある「エロテロリスト」ならぬ「エコテロリスト」だと思います・・・。

 私には正直、牛肉は食べていいのに、鯨肉は食べてはいけないというのは理解できません。

 ユダヤ教、イスラム教、ヒンズー教では豚は食べてはいけませんね。

 でもタンパク源は必要ですから中東では羊肉を食べますよね・・・。エコな彼らは羊を食べるな!とは言いませんね。

 生魚を食べるのは日本の文化ですよね。米国人もマグロは美味しそうに食べています。彼らはマグロを食べるな!とは言いません。

 でも、鯨は駄目ですか。

 ヨーロッパ人は鯨の髭でコルセットを作るために鯨を殺し続けていましたが・・・。まあ、昔の話しだから許容ですか。

 日本でも明治維新以降、牛を食べるようになりました。私も牛肉は食べます。

 日本と同じ捕鯨国、アイスランドは、人の文化に文句を言うな!と捕鯨を再開しましたが需要低迷で打ち切り、また08年に少数再開になっています。

 日本では鯨の需要はあります。銀座には鯨の美味しい素敵なお店があります。「高漁丸」さんもその1つですね。http://www.cleargate.co.jp/koryomaru/index.html

 で、民族によって食べるものは歴史的に違っていましたが、当然融合が進んでいます。

 マグロ食べるのに、鯨はだめ?そして、日本の捕鯨活動を堂々と妨害する!と言う。

 これテロ予告ですよね。鯨は駄目だ!という思想信条に基づいて、違う思想の人間の活動を実力行使で止めようとする。そして、そこにハリウッド女優まで参戦する!

 どこまで過激な活動をするか?の程度問題の面はあるかもしれませんけどね。

 エコテロがより過激になった社会はどうなるんでしょうね?

 今、希少資源の問題は深刻ですが、希少資源を牛耳る企業の妨害テロをするのでしょうか?

 インドでは、牛は神聖ですので、インドの過激派が米国の牛牧場を襲撃!なんて事件が起こるのでしょうか?

 いや、牛は環境問題ではないですよね。

 というか、鯨はもう環境問題ではないですよね。鯨の数は増えてます。種類にもよりますから・・・。絶滅しませんよね。信じるか信じないかは別ですが、日本側からのファクト提示です。
http://www.icrwhale.org/02-A-48.htm

 昔は鯨が絶滅危惧の種だったから環境問題で、環境保護団体が絶滅から救おう!という理屈でしたよね。

 でも、今の理屈は「生命の問題」だそうです。

 鯨は哺乳類だから、そして賢いから、いや、バシャールも言っているから、鯨の命は大事なんだそうです。ごめんなさい。多少茶化しています。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

伊藤 達夫

THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

THOUGHT&INSIGHT株式会社、代表取締役。認定エグゼクティブコーチ。東京大学文学部卒。コンサルティング会社、専門商社、大学教員などを経て現職。

フォロー フォローして伊藤 達夫の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。