『気づいた人はうまくいく!』(後)

2008.05.06

ライフ・ソーシャル

『気づいた人はうまくいく!』(後)

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

株式会社JOYWOW取締役会長にして、ブランディング・コンサルタントとして名高い阪本啓一さんの最新刊『気づいた人はうまくいく!』のレビューです。

◆本投稿記事は、毎日更新中のブログ
http://www.zkaiblog.com/histaff/
の話題を元に、本サイトの読者層に合わせた形で修正しております。
また、今回紹介する書籍の購入はこちらから↓
http://item.rakuten.co.jp/book/5530785/

III マーケティングでビジネスの大波をサーフィンしよう

「刺さるネーミング」「市場を創り出す」「ローカルに徹する」…など、“もはや市場がないのでは?”と思われるところに切り込む事例集もあれば、「当たり前のことを、淡々と」やることにより成功しているビジネスの事例が紹介されていたり、と、まさにサーフィン感覚で楽しめる章です。書店で立ち読みの際には、まずこの章を御覧になって、ビビッと来たら即購入、なんてよいかもしれません。

なお、阪本氏は、ロサンゼルスを中心として全米に配布している日本語情報誌『LIghthouse(ライトハウス)』に連載をもっています。その連載名が「マーケティングサーフィンUSA」。本章のタイトルにある“サーフィン”はここからも来ており、かつ、阪本氏の大好きな海をイメージさせるものでもあります。

IV ビジネスの見方を変えよう

この章には、とっても共感するお話が満載で、III章でのサーフィン後、気持ちをさらに盛り上げてくれます。

「笑顔をいただく」~「戦略」と「戦術」という用語を禁止に!…はい、僕もマーケティングを考える際に、ついつい「戦略」や「戦術」という用語を使ってしまいますが、そもそも戦争用語なんですよね、これって。そこまでしなくてもいいじゃないですか、楽しくやろうよ、ビジネスを!

「共生しよう」~競合他社からお客様を奪い取ることを考えるのではなく、競合している領域のお客様自体を増やせば、どちらの企業も笑顔になるじゃない!…この考え方、とっても好きで、とくに僕の所属する「教育(業界)」は多くの人に関心を持って頂いてなんぼの世界ですので、ライバル会社とともに成長した方がいいんですよね。

「未来を自分で決めない」~グラミン銀行の事例などが紹介されています。「お金のない人に融資して、ビジネスが成り立つはずがない」…いえいえ、この“~のはずがない”という既存概念を打ち破ることが、新しく、そしてワクワクするビジネスの始まりなんですよね!

V プロになるために身につけたいこと

ネタ探しの術、情報活用術、勉強法などについてのヒントが満載の章。この章であった言葉で印象に残った言葉が、
「コストは「かかる」ものではなく「かける」ものだ」
これが商売人のプロの姿勢かもしれませんね。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。