顧客の顔が見えなくともリピート、顧客化はできる。

2024.06.25

営業・マーケティング

顧客の顔が見えなくともリピート、顧客化はできる。

大野 亜希子
イデア・ヴィスタ株式会社 代表取締役

一般的には、顧客を直接見ることができない業態は顧客作りが難しいとされています。しかしAIなどの最新の技術を活用することで常連やリピーターは作ることが可能です。 コインパーキングの「常連割」の工夫を事例に、どの業界でも顧客作りが可能であることを解説します。今回は新規客と顧客の理想の割合もお伝えします。以下の事例をもとに、みなさんの会社でも新たな顧客創造の機会としてみてはいかがでしょうか。

顧客獲得に限界を感じていませんか?

多くの企業やビジネスオーナーが、顧客獲得に限界を感じていることでしょう。特に、顧客の顔が見えないオンラインビジネスや、日常的に顧客と直接接触しない業種では、顧客を「作る」ことが一層難しいと感じるかもしれません。
しかし、適切なツールと戦略を導入することで、どの業界でも新たな顧客を獲得し、リピーターを増やすことも可能となるのです。以下の内容を参考に、新たな顧客獲得の戦略を立ててみてはいかがでしょうか。


新規顧客と既存顧客の関係】

新規顧客の獲得と既存顧客の維持は、どちらもビジネスの成功にとって不可欠ですが、理想的な新規と既存顧客の
比率はご存知でしょうか?

一般的に、理想的な顧客構成は、新規顧客:既存顧客 3:7と言われています。
ある調査によると、新規顧客を獲得するためのコストは、既存顧客を維持するためのコストの5倍~10倍に
もなるとされています。
そのため、既存顧客との関係強化に注力し、リピートしたくなるインセンティブを提供することが重要です。

一方で、業界により「顧客」を作りにくい業界があるのも事実です。ここからは、そんな業界の経営者にとって
顧客創造の新たなヒントになる内容を事例をもとにお伝えします。


Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

大野 亜希子

イデア・ヴィスタ株式会社 代表取締役

顧客心理の専門家/ /売上向上専門家 /一般社団法人 日本経営士会 経営士補 /日本プロフェッショナル講師協会 認定講師  https://www.idea-vista.info/  売上にお悩みなら、お声がけください。 売上アップ、人材育成、組織の活性化の支援を 貴社の課題から最適な改善策で提案しています。 若手が自ら考え行動する「辞めない」育成と、それを支える仕組み作りを通じて、 成果につながるまで経営者のみなさまともに歩む、伴走支援をしています。

フォロー フォローして大野 亜希子の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。