【インサイトナウ編集長対談】今の組織で結果にこだわることでスキルを上げ、外でもチャレンジする。 だめなら戻ってきてまた頑張れば良い

2022.11.24

経営・マネジメント

【インサイトナウ編集長対談】今の組織で結果にこだわることでスキルを上げ、外でもチャレンジする。 だめなら戻ってきてまた頑張れば良い

INSIGHT NOW! 編集部
インサイトナウ株式会社

大手教育会社から独立し、独自の研修プログラムを開発し、順調にビジネスを継続されている柳田さん。 ご自身のビジネス戦略と企業教育の在り方についてお話しを伺いました。(聞き手:猪口真)

お相手:株式会社エデュテイメントプラネット 代表取締役 柳田 善弘 様

eラーニングのコンテンツに注力

猪口 新卒での入社から起業され現在に至るまで、ずっと教育関連のお仕事をされていますが、柳田さんは元々教育をやりたいという思いがあったのですか。

柳田 元々は出版や文字のメディアに興味があったのですが、最初に内定をもらったのが縁だろうとベネッセに入社しました。ベネッセでコンテンツや教育に関わり、転職後にeラーニングに関わりました。2003年に研修企画と教材開発の会社「エデュテイメントプラネット」として独立してから、eラーニングのコンテンツをつくることをメインにしながら、体験学習に価値を感じていたので研修で使うビジネスゲームも開発してきました。

当時はeラーニングのはしりで、当社は受注開発がメインでしたが、市場としては海外からのローカライズの教材も多かったですね。

猪口 会社勤めをするにしても独立するにしても、30代、40代の人たちにとって、今は大変な時代です。そこで、いろいろな働き方があると知っていただきたいと思っています。柳田さんの28歳での独立は早いですし、思い切りましたね。

柳田 就職するときから、もっと言うと大学を選ぶときから、マネジメント側に回ろうと考えていました。大学で経営系の学部を進んだのも、当時は、理系で頑張っても組織に使われるだけだと思っていたからです。実際には経営系でもエンジニア系でも、そもそも学部で学べることは限定的ですし、社会に出てからでもどちらも学べるので、今となっては完全に間違った考え方でしたが、当時は何も分かっていない学生でしたので。
独立と言っても、最初は一人会社でしたが最後まで個人事務所でいるイメージはなく、いずれ組織を構える想定でした。ですから、ビジネスの突破力という意味で言うと、「柳田さんのところの会社ね」といった感じで、個人の顔と名前で出していったほうがいいのですが、なるべく会社の名前で指名してもらうように、私自身はなるべく引っ込んでいました。働き方という意味で言うと、ピンではなく、小さいながらチームでやっていくのもありだと思っています。

猪口 独立された当時のビジネスはどのようなものだったのですか。

柳田 当時はeラーニングのコンテンツだけを受注開発していました。その後、コンテンツを動かすためのLMS(Learning Management System:学習管理システム)をつくりました。教材制作機能もあるのでLMSだけで提供することもありますが、だいたいは独自開発のパッケージ版のコンテンツもあわせて提供しています。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

インサイトナウ編集長対談

INSIGHT NOW! 編集部

インサイトナウ株式会社

INSIGHTNOW!運営事務局/編集部です。

フォロー フォローしてINSIGHT NOW! 編集部の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。