【インサイトナウ編集長鼎談】プロフェッショナルとして、コンセプトペーパー、アクションプラン、オペレーション、すべてが必要(前編)

2022.07.08

経営・マネジメント

【インサイトナウ編集長鼎談】プロフェッショナルとして、コンセプトペーパー、アクションプラン、オペレーション、すべてが必要(前編)

INSIGHT NOW! 編集部
インサイトナウ株式会社

長年、人材開発担当として、企業内で多くの研修を企画運営されてきた富士 翔大郎さんと、ビジネスパートナーとしてお仕事をご一緒されてきたマーケティングコンサルタントの金森努さんと鼎談(前編)をお届けします。特に人材開発担当の方は必読です。

お相手:マーケティングコンサルタント金森努様×人材開発コンサルタント富士翔太郎様


猪口 本日は金森さんと富士さんをお招きしての鼎談です。お二人は企業研修を一緒につくったとお聞きしました。

金森 IT企業の人事部にいた富士さんと新しい考え方の人材育成、研修のプログラムを一緒につくってから、10年以上が経ちます。その間に時代は変わりました。例えば、Z世代は3年以内で辞めることが多いといった話がクローズアップされたり、コロナ禍で研修がオンライン化されたり、「ジョブ型雇用」を導入する企業も増えてきました。

今日は、現状の研修における問題点や、どうすればより理想的に人材育成を行うことができるのかも含めて、当時から今までを振り返りながらお話ししたいと思います。

「自分のコピーを100人作ろう」

猪口 金森さんの目から見て、当時から、富士さんの研修アプローチは他とかなり違っていたのですか。

金森 研修を行うと、研修そのものが目的化することが多く見られますが、富士さんは具体的な人材育成像がはっきりしていて、そのためにはどのような研修が必要で、どのように組み立てるかという設計図をしっかりお持ちでした。富士さんのすごいところは設計図と実行プランで、それを動かすときにはどこに注意しないといけないのか、動かさないと何が起こるかまで緻密に想定していたことです。

猪口 富士さんがそのような観点を得るまで、どのようなプロセスがあったのですか。

富士 研修をやり始める前の仕事で、なかなか売れない毎月数百円のネットサービスを、かなり苦労して100万契約以上獲得することに成功しました。毎月億を超えるビジネスになったのです。これだけでかい仕事をしたのだから、少しは会社の売上に大きなインパクトを与えただろうと自信満々に全社の売上を見てみると、なんとその差は数百倍でした。全社の売上に比較したら私の売上など誤差の範囲です。サラリーマン生活をかけて、最も全身全霊をかけた仕事が誤差で一瞬にして消えてしまうちっぽけなレベルかと思うと、すごく寂しくなりました。

そこで、どうすれば全社の売上にインパクトを与えられるかをしばらく考えました。しかし私1人でやれることはもう限界です。実際これ以上はとても無理だったと思います。しかしどうしても100倍の売上は必要なのです。それならば単純計算で私が100人いれば良いということです。よく体が2つあればなーって思いますよね。そこで閃いたのです。私にとりわけ高いスキルがあるわけではないので、この程度のスキルであれば100人ぐらいすぐに育てられるに違いない。コピーを100人作ろう。どうすればいい?そうか!「やるべきことは人材育成なんだ」と叫んでしまいました。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

INSIGHT NOW! 編集部

インサイトナウ株式会社

INSIGHTNOW!運営事務局/編集部です。

フォロー フォローしてINSIGHT NOW! 編集部の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。