事業経営をプロジェクトとして捉えてみる

画像: COMSEVENTHFLT

2017.07.11

経営・マネジメント

事業経営をプロジェクトとして捉えてみる

泉本 行志
株式会社アウトブレイン 代表取締役

ビジネスの潮流が様々な側面で変化する中、それを支えるマネジメントの仕組みも変化していきます。 中でも注目する1つは、「事業経営がプロジェクト化」していくこと。スピード感のある事業の舵取りが求められる中、企業体として成長・発展していくために、この「事業をプロジェクトとして捉えてマネジメントしていくやり方」が参考となるのではないでしょうか。

◆ 企業におけるプロジェクトとは

プロジェクトマネジメントの知識体系や方法論をまとめた文献などには、
「プロジェクトと定常業務の違いは?」という定義が書かれています。

日本で一番ポピュラーなPMBOK(Project Management Body of Knowledge)という
国際的に標準とされるプロジェクトの知識体系の中では、

プロジェクトの特徴は、「有期性」「独自性」・・
などと書かれています。

「独自の製品・サービス、所産を創造するために実施する有期性のある業務」
つまり、明確な始まりと終わりがあるものがプロジェクトの特徴ということです。

その反対が「定常業務」であり、継続する業務で一般には既に決められている手続きに従って反復的なプロセスを行う業務を指します。

プロジェクトと定常業務を比較すると、当然プロジェクトの方が「不確実性」を伴い、より綿密な計画が必要とされます。

これまでの一般的な流れとしては、
・プロジェクトで新規事業を立ち上げ、それを定常業務化していく
・新しい仕組み(サービス、組織、ITシステムなど)を創造し、それを定常業務に引き渡していく

しかし、この流れも徐々に変わってくるのではないでしょうか。


◆ プロジェクトとして事業を成長・発展させる新たな流れ

その流れとしては、例えばまず新規事業をプロジェクトとして立ち上げます。
コンセプト的な企画から始まり、F/S (フィージビリティースタディー)などの調査・検討、事業モデルの設計等を含めたビジネスプランが練られ、プロジェクトが始動します。そしてプロジェクトのプランニングが行われ、実行フェーズに進み、必要な人員、業務、ITシステムが準備・開発されて新規事業がリリースされます。


ここまでは一般的な流れですが、その後が違ってきます。

通常は、ここで定常業務への引き継がれて、日々のオペレーションとして事業が継続的に運営されます。

しかし、今後はそのプロジェクトで立ち上がった新規事業あるいは新サービスなどが、
「プロジェクト」のまま運営されていくケースが増えるのではないかと思います。
新規事業の立ち上げがフェーズ1とするなら、運営・改良がフェーズ2、そして常に有期的なフェーズを設け、それぞれのフェーズごとに次のフェーズのプラニング・判断を行う。
このプランニング・判断というのは、プロジェクトを継続する・終了するも含まれます。
つまり、「永続する」ことを前提とせず、場合によっては、そのプロジェクトをM&Aの対象として売却して終了することも議論されることになります。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

泉本 行志

株式会社アウトブレイン 代表取締役

フォロー フォローして泉本 行志の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。