<悩めるメルマガ担当者に送る> 今さら聞けないメールマーケティング きほんの「き」

2016.05.12

営業・マーケティング

<悩めるメルマガ担当者に送る> 今さら聞けないメールマーケティング きほんの「き」

チーターデジタル 株式会社
チーターデジタル株式会社

新年度にメルマガ担当者になった方に向けて、メールマーケティングを基本からおさらいしていきます。 もちろんすでにメルマガ担当として業務を担当していらっしゃる方でも、今さら聞けないあんな話や、こんな話があるかもしれません。今後も、市場の黎明期から長年にわたって培ってきたエクスペリアンジャパンのメールマーケティングのノウハウをご紹介してまいりますので、ぜひ、ご参考になさってください。

みなさんこんにちは。エクスペリアンジャパンの吉澤です。

4月は出会いと別れの季節。新しい期が始まり、新たな部署やチームに異動されたという方も多いのではないでしょうか。そして、今この記事を読まれている方の中には「○○さん、今期からメルマガ担当をお願いね!」と突然言われて困惑している方も多いかもしれませんね。

新しい期が始まるということは、新たな目標を設定する、あるいはこれまで設定していた目標を見直す時期にもなるかと思います。

そこで今回は、期初の目標設定にもお役立ていただけるように、何のためにメルマガを配信するのか、何のためにメルマガの業務をこなさなければならないのか…「メルマガの役割って何?」という、そもそものお話をしたいと思います。

メルマガとメールマーケティングの違い

まずは、メルマガとメールマーケティングの違いについておさらいしてみましょう。

メルマガ=メールマガジンとは、読んで字のごとくEメールを介して情報を発信するマガジン=雑誌のようなものです。情報の提供元は、個人、法人、政党や自治体、NGOなど多岐にわたります。

いわゆるメルマガと聞くと、欲しくもない情報が一方的に大量に送られてくるイメージが強い方もいらっしゃるでしょう。メルマガはオワコンだというイメージの方もいらっしゃるかもしれませんね。

でもそれは少し前、同じ情報を同じタイミングで全ての顧客に一括して配信していた頃のお話です。デジタルマーケティングの世界でCRMという概念が注目されはじめた頃、メルマガもまたマーケティング手法の一つ「メールマーケティング」として注目されるようになりました。

そもそもCRMという概念自体はかなり前から存在はしていました。それがネットワークや情報インフラの整備に伴い、デジタルマーケティングの世界でも注目されるようになったのです。

なぜなら、近年のネットワーク環境の急速な発展や、情報インフラ基盤の整備・強化は、企業が多くの顧客データを情報資産として保有し、マーケティング活動に活用することを容易にしたからです。

そして、それまではマスコミュニケーションが中心だったメルマガも、性別や地域、趣味嗜好など様々なデモグラフィック属性を軸にし、顧客一人ひとりに合わせた情報発信を行う「メールマーケティング」として発展していったのです。

ちなみに余談ですが、メルマガって和製英語なの知っていました?

海外ではe-newsletterとかeDMなどと言います。そもそもメルマガという言葉が日本で使われ始めたのが1999年頃。当時はまぐまぐさんを代表するような、メルマガスタンドといわれる「個人が発行するEメール形式の情報媒体」のことを指しました。ブログのような形で、雑多な情報を盛り込んでいたため、いつしかメールマガジンと呼ばれるようになりました。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

チーターデジタル 株式会社

チーターデジタル株式会社

1999年12月設立。グローバルでクロスチャネルマーケティング支援を行うチーターデジタルグループとしての強みと、日本国内での累計5,300社以上の取引実績を生かし、マーケティングサービスを軸に事業を展開。マーケティングオートメーションやメールマーケティングソリューション、およびそれらに関連するコンサルティングサービス・導入支援・業務分析などを提供しています。

フォロー フォローしてチーターデジタル 株式会社の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。