非課税投資信託「つみたてNISA」、1月からいよいよスタート!

2018.01.05

IT・WEB

非課税投資信託「つみたてNISA」、1月からいよいよスタート!

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

地道にコツコツ投資信託を行っている個人投資家のために、2018年、また新たな制度が始まった。 すでに2014年からスタートしているNISAに加え、1月から新たに「つみたてNISA」が加わる。 NISA同様、つみたてNISAは投資の運用益に税金がかからないお得な制度だが、非課税枠の投資商品の種類や投資スタイルがかなり異なっている。この新しい非課税投資信託つみたてNISAのしくみについて解説しよう。

NISAと、つみたてNISAの違いって?

そもそも投資信託では、運用によって利益が出ると約20%の税金がかかることになっている。その税金を一定の枠内で0円にできる制度がNISAだ。金融庁の鳴りもの入りで2014年にスタートして以来、爆発的に投資家のあいだに広がり、今ではこの制度を利用するのは当たり前になっている。

ただしこのNISA、いくつかの規制がある。
たとえば、年間の非課税投資可能額は120万円までで、運用期間は5年間。しかも2023年までの時限制度だ。そこで「せっかく盛り上がっているNISAを、このままフェードアウトさせてはもったいない」と判断した金融庁がつくった新たな制度が「つみたてNISA」だ(図1「これまでのNISA、つみたてNISA、一般の投資の比較」参照)。

こちらは、年間の投資限度額は40万円だが、非課税で運用できる期間がなんと20年。制度の終了も2038年までと大幅に延長されている。つまり、年間40万円を限度にコツコツ積み立てていけば、最高で800万円まで非課税で運用利益を得ることができるというわけだ。

つみたてNISAの“メリット”

つみたてNISAのメリットは大きく3つに分けることができる。
■長期にわたって非課税運用ができる
つみたてNISAの最大のメリットは、なんといっても20年という長期にわたって非課税での運用ができる点にある。年間40万円までなので高額な投資はできないが、コツコツと投資を続けていけば、その運用益が無税で手元に入ることになる。そのため比較的若い人や、投資初心者などに向いているといえる。

■金融庁お墨つきの安心商品に限定
2017年11月現在、つみたてNISAで運用できることが決まった商品は124本。これらは、運用実績が5年以上、また純資産が50億円以上など、金融庁が中心となった有識者会議で厳選された商品。なので一般投資家でも、比較的安心してお金を預けることができる。

■リスク回避の3要素をすべて満たした投資術
投資には元本割れのリスクがつきものだが、つみたてNISAはリスク回避の3要素「積み立て」「長期」「分散」をすべて満たした金融商品である。これは「貯蓄から投資(資産形成)へ!」を掲げる国主導で、家のタンスの奥深くにしまってあるお金や、あるいは銀行で眠っている定期預金等のお金をなんとか外へ引き出して、投資に向けさせようと知恵を絞ったうえでの商品だからだ。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。