WebサイトKPI設定の必要性

2008.02.13

経営・マネジメント

WebサイトKPI設定の必要性

上島 千鶴
株式会社Nexal ビジネス戦略、Web戦略コンサルタント

BtoB、BtoCサイトに限らずWebサイトの構築コスト、広告宣伝コスト、運用コストなど、会社の収益に対しての効果が見えない中で、自社のWebサイトをどのように評価すべきか、または今後活用すべきか悩んでいる企業が多く見受けられます。Webサイトは、各組織を横断した形で存在し、サイトのKGIやKPIが設定されていないことが原因で様々な弊害が出ています。

まず、基本的な説明として、KGIとKPIを以下にまとめました。

・KGIとは

Key Goal Indicatorの略で、企業の経営戦略から導かれる成果目標になります。しかし各Webサイトにおける役割や目的、何の数字が目標になるのか不明なサイトが多く存在します。

・KPIとは

Key Performance Indicatorの略で、KGIを達成するための評価指標として使われますが、Webサイトにはこの評価指標が設定されていないために、単純なPV数のみで良し悪しの評価を行う企業が未だ多く存在します。

▼WebサイトにおけるKGIの設定
Webサイトには、様々な役割や目的が存在します。
一番分かり易い例を挙げるとECサイトで、「ネット上で収益を上げる」ことですが、現在日本の中で多く存在するサイトは企業サイトになります。企業サイトの中にも、IRサイト、採用サイト、商品サイト、サポートサイト、各ブランドサイトなど多岐に渡ります。

現在、企業全体での売上目標は存在しても、各Webサイトの目標値(KGI)を設定せず、サイトを構築し運用しているという企業がほとんどです。今後増殖が予想されるサイトに対して、今一度、各サイトにおける役割を見直す必要があると考えます。

WebサイトのKGIを見直す際には、

1.サイト単位に役割・目的を定義する

2.社内に複数存在するサイト間の役割を定義する

3.一定期間における目標値を設定する

この3点が重要なポイントとなります。目標値が無い限り、そのサイトの評価や効果はモニタリングすることはできません。

もし、Webサイト戦略から企業内サイトを見直している企業があれば、各サイトのあり方(ブランドルール、ドメイン構造、5H1Wに基づいたコンテンツと機能など)を整理することから、また顧客とのコンタクトポイントとしてサイト戦略を見直している企業があれば、商品特性(商品ライフサイクル)・ユーザ視点に立ったコンタクトプロセスからネット活用について施策してみてはいかがでしょうか。

▼WebサイトKPIの設定
サイトの役割・目的・目標値を整理・設定した後、それを評価するためにKPI(評価指標)の設定が必要になります。
そこで、KPIの設定において大切なポイントを以下にまとめます。

KPIとはNexal定義)

1.各事業目標を達成するための重要な業績評価指標を意味し、各組織に適合していないと意味を成さない

2.KPIは各事業・組織におけるビジネスプロセス上に存在し、一定期間内の目標設定と予算化がされていないと統制が取れない

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

上島 千鶴

上島 千鶴

株式会社Nexal ビジネス戦略、Web戦略コンサルタント

ネット×リアルビジネスを最大限効果的に利用するための専門特化型のコンサルティングを提供しています。

フォロー フォローして上島 千鶴の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。