今日は何の日 6月9日は「ドナルドダックの誕生日」

画像: Theme Park Tourist

2016.06.09

ライフ・ソーシャル

今日は何の日 6月9日は「ドナルドダックの誕生日」

INSIGHT NOW! 編集部
クイックウィンズ株式会社

1934年の今日、水兵服を着た世界で一番有名なアヒル「ドナルドダック」がスクリーンデビューしました。

今日、6月9日は「ドナルドダックの誕生日」です。

ドナルドダックは、1934年6月9日に公開された「The Wise Little Henかしこいメンドリ」という短編アニメーション映画に、わき役として登場し、スクリーンデビューを果たしました。そのことから、この日がドナルドダックの誕生日とされています。短編映画「ドナルドの誕生日」では3月13日の設定になっていますが、公式には6月9日と発表されています。

ドナルドダックを主人公にした映画は170本以上あり、ミッキーマウスを上回っています。ディズニーランドでグリーティングをしている「キャラクター」としてのドナルドダックは、お茶目な愛すべき存在ですが、映画の中では意外と悪役をやっていました。短気で口が悪く、ずるをしたり、いたずらをしたりすることも多く、その報いを受けて最後には自分の身に災難が降りかかるというオチの作品も多数あります。ミッキーマウスとも「なかよし」というよりは、「悪友」に近い関係で描かれているキャラクターなのです。

ドナルドダックに限らず、アニメーションのキャラクターがこれほど長い間、愛され続けるのは、こういう細かなキャラクター設定が「生きている」からのような気がします。先日、見に行ったピクサー展でも、アニメーションの製作にかかる途方もない労力と時間に改めて驚嘆しました。キャラクターひとつの造形を作り出すだけでも、デザイン、ストーリー設定、フィギュアでの立体化等々、途方もない労力がかかっていて、作成する人の並々ならぬ情熱に頭が下がる思いでした。

ご存知のようにドナルドダックにはガールフレンドがいます。デイジーダックは、最初、甲斐性なしだったドナルドにそっけなかったのですが、勇気を出して救ってくれた彼を好きになります。ケンカばかりしていたドナルドとデイジーは、今ではとても仲良しのカップルになりました。長年の間に、少しずつ変化しているところもおもしろいですね。

82歳になったドナルドダックは、今日も元気に愛嬌を振りまいています。90歳になっても、100歳になっても、きっとデイジーダックとともに多くの人に愛され続けることでしょう。


Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

INSIGHT NOW! 編集部

クイックウィンズ株式会社

INSIGHTNOW!運営事務局/編集部です。

フォロー フォローしてINSIGHT NOW! 編集部の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。