今日は何の日 5月23日は「World Turtle Day/世界カメの日」

画像: Toshihiro Gamo

2016.05.23

ライフ・ソーシャル

今日は何の日 5月23日は「World Turtle Day/世界カメの日」

INSIGHT NOW! 編集部
クイックウィンズ株式会社

北海道から沖縄まで、どこの川や池にもいるミシシッピアカミミガメ(通称ミドリガメ)。今や日本の河川にいるカメはその7割が外来種だそうです。

今日、5月23日は「World Turtle Day/世界カメの日」です。

『亀に関心を向け、知識を深め、敬意を払い、亀の生存と繁栄のための人間の行動を奨励する日』だそうです。捨てられた亀や行方不明の亀のために活動するアメリカの非営利団体 American Tortoise Rescue が2000年に制定しました。団体名がTortoiseという表記なので主に陸ガメを対象としているのかと思いきや、世界カメの日はWorld Turtle Dayなので、海陸に関わらずカメ全般を守っているようです。

今、日本で一番よく見かけるカメは、おそらくミドリガメ=ミシシッピアカミミガメでしょう。どこの川でも池でも必ずと言っていいほど、彼らが何匹も甲羅干しをしています。その名のとおり、アメリカ南西部ミシシッピ川流域の原産で、1990年代半ばには年間100万匹が輸入されていたそうです。近年は年間10万匹程度に減少しましたが、2013年でも約110万世帯で180万匹が飼育されているという推計が出されています。( 環境省日本の外来種対策

大量に輸入されたアカミミガメはそのうちの2割程度(推定)が野外に流出し、北海道から沖縄まで全国に定住してしまいました。ミドリガメとして売られているときは小さくかわいらしい姿をしていますが、おとなになると体長20㎝~28㎝、体重2.5㎏にもなる大型種で、在来種の二ホンイシガメ約1㎏を圧倒する存在となっています。雑食性でなんでも食べる彼らは、カルガモのヒナを食べたりもするそうです。2015年には「生態系被害防止外来種リスト」で「緊急対策外来種」に位置づけられました。人間が勝手に連れてきた彼らは、今や「積極的に防除を行う必要のある」「侵略的外来種」とされてしまったのです。

環境省では現在、輸入・販売・飼育の規制を検討しています。アカミミガメは大きくなるだけでなく、40年くらいの寿命があります。子どもが欲しがったからといって、安易に飼っていい生き物ではありません。カメを好きで飼うのであれば、40年ともにいる覚悟をしましょう。遠くアメリカから連れてこられて、屋台などで売られ、飼い切れないからと言って野に放たれ、今や侵略者呼ばわりされているかわいそうなアカミミガメ。「カメの生存と繁栄を願う」ためには、本来の生育環境を守り、在来種を滅ぼすようなことにならないよう、人が責任を持って管理することが必要なのです。


PR INSIGHTNOW!でコンテンツ・マーケティングをはじめませんか?

INSIGHTNOW!でコンテンツ・マーケティングをはじめませんか?

提供会社: クイックウィンズ株式会社
対象: コンテンツ イズ キング だとお考えの方 キラーコンテンツをお持ちの方 キラーコンテンツの...
時期・期間: 利用期間に制限はありません。月2回以上の投稿をお願いしています。
実績数: プロフェッショナル登録:約60名
費用: 基本料金無料。記事投稿のみなら無料です。 コンバージョン1件5,000円の従量課金制。 5...
備考: 自社サイトへの直リンクは原則お断りしています。利用規約につきましてはお申し込み時にお渡しいたします。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

INSIGHT NOW! 編集部

クイックウィンズ株式会社

INSIGHTNOW!運営事務局/編集部です。

フォロー フォローしてINSIGHT NOW! 編集部の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。