今日は何の日 5月19日は「セメントの日」

画像: Hiroshi Nakai

2016.05.19

ライフ・ソーシャル

今日は何の日 5月19日は「セメントの日」

INSIGHT NOW! 編集部
クイックウィンズ株式会社

現代社会のインフラを支えるコンクリートの材料となるセメントは、まさに縁の下の力持ちです。

今日、5月19日は「セメントの日」です。

1875年5月19日、官営深川工場で日本初のポルトランドセメントができた日を記念しています。江戸時代の末期からセメントは輸入されていましたが、非常に高価であったため、国内生産が求められていました。しかし、工業化は思いのほか難しく、深川工場の設備をすべて作り直すなど1年半の試行錯誤の末に少量のセメント製造に成功したそうです。現在、深川工場の跡地には、「本邦セメント工業発祥之地」という碑が建てられています。

インフラに関するたいていの物がそうであるように、普通の人は、セメントの存在をほとんど意識することなく暮らしています。セメントとコンクリートを間違えたり、混同したりしていることも多いようです。セメントは石灰石に粘土や酸化鉄などを高温で熱し粉末にしたものです。セメントと水と砂と砂利を混ぜるとコンクリートになります。コンクリートという「人工の石」を固めるための接着剤の役割をしているのがセメントなのです。

コンクリートはセメントの水和反応で徐々に硬化し、ビルや橋やダムなどになります。新築マンションを購入するときなど「コンクリートが乾くまで入居できない」と説明されたりしますが、実際にはコンクリートは水分が乾いて硬くなるわけではなく、化学反応で硬くなっているのです。この水和反応は何十年も続き、コンクリートは少しずつ強度を増していきます。コンクリートは自由に形が作れ、火や地震に強いため、多くの建造物に使われていますが、最大の強度を得るまでに時間がかかるという“弱点”もあるのです。

「セメントの日」というのは数ある記念日の中でも、あまり知られていません。コンクリート製の建造物が溢れる街に住んでいても、あるのが当たり前の物にはあまり注意を払わないのが人と言うものなのでしょう。先人が苦労して作り上げた技術のうえに、今の生活が成り立っていることを思い出させてくれる「セメントの日」です。

PR セミナー運営支援サービス

セミナー運営支援サービス

提供会社: クイックウィンズ株式会社
対象: セミナーの集客、運営にお困りの方、コンテンツ・マーケティングとのセッティングにご興味のある方な...
時期・期間: 期間制限はありません。ただし月2回以上の記事投稿をお願いしています。
地域: サイト利用に地域制限はありません。運営支援サービスにつきましては、原則首都圏開催分を対象として...
費用: 申し込み件数に応じた従量課金。 読者会員宛メールは月2回、3万5千円~。 その他のご支援に...

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

INSIGHT NOW! 編集部

クイックウィンズ株式会社

INSIGHTNOW!運営事務局/編集部です。

フォロー フォローしてINSIGHT NOW! 編集部の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。