今日は何の日 2月4日は「立春」

画像: PhotoAC しるみけいさん

2016.02.04

ライフ・ソーシャル

今日は何の日 2月4日は「立春」

INSIGHT NOW! 編集部
クイックウィンズ株式会社

今日は二十四節気のひとつ「立春」です。暖冬ではじまり大寒波に襲われたこの冬ですが、暦の上では今日から春です。

今日、2月4日は二十四節気のはじまり「立春」です。今日から春がはじまります。

暦の上では次の「雨水」までが「立春」で、「立夏」までの間、ずっと春がつづきます。なるほど「立春」にある七十二候には「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」「黄鴬睍睆(うぐいすなく)」「魚上氷(うおこおりをいずる)」と、いかにも春を思わせる言葉がつづきます。

♪泣いてばかりいたって幸せはこないから、重いコート脱いででかけませんか。もうすぐ春ですね。恋をしてみませんか。(作詞:穂口雄右)

昔、流行ったキャンディーズの「春一番」の歌詞ですが、冬から春になるこの時期は、ふとそんな風に明るい希望を抱く季節なのかもしれません。

それとも「春の海 ひねもすのたりのたりかな」という有名な与謝蕪村の俳句のような、まったりとした空気感が、春のイメージでしょうか。「春眠暁を覚えず」の通り、あまりに心地好くて朝起きられないというのが、春らしさでしょうか。こちらは、どうものんびり、のどかな季節のイメージです。

今頃からスギ花粉が本格的に飛散しはじめるので、のどかどころじゃないよと言う方も多いことでしょう。いろいろな予防・治療法や薬などもあるようですが、ゴーグルやマスクで顔を覆った“不審者”も多く見かけるようになります。花粉症は不快なだけでなく、生産性を低下させるので社会的な損失であるという説も見かけました。春はありがたいばかりではありません。

日本は受験シーズンでもありますし、多くのサラリーマンにとっては異動内示の季節でもあります。生活が変わることもあり、なんとなく、何か新しいことを始めてみたくなるのも春のような気がします。春は悲喜こもごも、人それぞれの「変化の季節」とも言えそうです。


PR セミナー運営支援サービス

セミナー運営支援サービス

提供会社: クイックウィンズ株式会社
対象: セミナーの集客、運営にお困りの方、コンテンツ・マーケティングとのセッティングにご興味のある方な...
時期・期間: 期間制限はありません。ただし月2回以上の記事投稿をお願いしています。
地域: サイト利用に地域制限はありません。運営支援サービスにつきましては、原則首都圏開催分を対象として...
費用: 申し込み件数に応じた従量課金。 読者会員宛メールは月2回、3万5千円~。 その他のご支援に...

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

INSIGHT NOW! 編集部

クイックウィンズ株式会社

INSIGHTNOW!運営事務局/編集部です。

フォロー フォローしてINSIGHT NOW! 編集部の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。