今日は何の日 12月29日は「福の日」

画像: PhotoAC  きなこもちさん

2015.12.29

ライフ・ソーシャル

今日は何の日 12月29日は「福の日」

INSIGHT NOW! 編集部
クイックウィンズ株式会社

まるで伝統行事のような響きですが、正月行事本来の意味、いわれを知ることで福を招いてもらおうという目的で食品会社が制定した記念日です。

今日、12月29日は「福の日」です。

まるで伝統行事のような響きですが、株式会社紀文食品が制定したお正月準備のための記念日です。正月行事本来の意味、いわれを知ることで福を招いてもらうのが目的だそうです。日付は、もちろん、お正月前の12月、2(ふ)、9(く)の語呂合わせです。この日に買い物や大掃除をして正月に備えようと提案しています。なるほど紀文のHPでは、「 お正月のいわれ 」をたくさん紹介しています。

お正月の準備のほとんどは、高い山から降りてくる「年神様」をお迎えするためのものです。

「煤払い(すすはらい)」をして家をきれいにして、「しめ飾り」で聖域としての結界を作ります。もともとは、家中にしめ縄を張り巡らせていたものが簡素化されてしめ飾りとなっているのです。そして、年神様に見つけてもらう目印として「門松」を立て、依代(よりしろ)=居場所として「鏡餅」を飾ります。それから年神様へのお供えとしての「おせち料理」や神様と一緒に食べるための「祝箸(いわいばし)」を用意します。神様を家にお迎えするのは、とても大変です。

年神様をお迎えする伝統行事とは関係なく、江戸の町民の間で広まった風習が「年越しそば」です。

大みそかにそばを食べるのは、なんとなく、細く長いそばのように長寿を願ってのことと思っていませんか。もともとは、金細工職人が仕事場に飛び散った金粉を、そば粉を練っただんごで集めたことから「そばは金を集める」という縁起のよいものとして食べられていたそうです。要するに江戸時代の「金運アップ」の縁起かつぎというわけです。

12月29日、そろそろ年越し・お正月準備も佳境に入ります。なんとなく続けていた習慣でも、それぞれの本来のいわれを知ると、なかなか味わい深いものがありますね。



PR セミナー運営支援サービス

セミナー運営支援サービス

提供会社: クイックウィンズ株式会社
対象: セミナーの集客、運営にお困りの方、コンテンツ・マーケティングとのセッティングにご興味のある方な...
時期・期間: 期間制限はありません。ただし月2回以上の記事投稿をお願いしています。
地域: サイト利用に地域制限はありません。運営支援サービスにつきましては、原則首都圏開催分を対象として...
費用: 申し込み件数に応じた従量課金。 読者会員宛メールは月2回、3万5千円~。 その他のご支援に...

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

INSIGHT NOW! 編集部

クイックウィンズ株式会社

INSIGHTNOW!運営事務局/編集部です。

フォロー フォローしてINSIGHT NOW! 編集部の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。