インターンシップと就職の関係を語ろう

2015.11.05

組織・人材

インターンシップと就職の関係を語ろう

増沢 隆太
株式会社RMロンドンパートナーズ  東北大学特任教授/人事コンサルタント

就活イベントで講演する機会がとみに増え、よく聞かれるのは「インターンシップに行くと就職に有利か?」ということです。しかしさまざまな就活情報サイトや本などで、ここに明言したものは見かけません。なぜでしょう。 「就職活動」は企業側から見れば「採用活動」という、事業の一環だからです。学生の感覚とは異なるビジネスの世界の感覚を理解することで、答に近づけるのです。

しかし理系の修士のように、研究で時間を取れない学生が、研究や学習を捨ててまで参加するのは優先順位が違ます。結果としておろそかになった自分の専門性は、後の本選考において致命的な欠点になり得ます。本末転倒にならないよう、ご自分のスケジュールで判断し、目的を明確にして臨むなら、もちろんインターンシップは有益な「体験」になることでしょう。

特にOB訪問をどうすればよいかなどと迷っている学生であれば、職場に行ければもはやOB訪問する必要もなく、実際に働いている人と接することができます。自分の眼で職場を知ることができるのは、その会社に入る入らないだけではない、ご自分にとっての世界を広げる貴重な経験だと思います。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

増沢 隆太

株式会社RMロンドンパートナーズ  東北大学特任教授/人事コンサルタント

芸能人から政治家まで、話題の謝罪会見のたびにテレビや新聞で、謝罪の専門家と呼ばれコメントしていますが、実はコミュニケーション専門家であり、人と組織の課題に取組むコンサルタントで大学教授です。 謝罪に限らず、企業や団体組織のあらゆる危機管理や危機対応コミュニケーションについて語っていきます。特に最近はハラスメント研修や講演で、民間企業だけでなく巨大官公庁などまで、幅広く呼ばれています。 大学や企業でコミュニケーション、キャリアに関する講演や個人カウンセリングも行っています。

フォロー フォローして増沢 隆太の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。