今日は何の日 9月3日は「ベッドの日」

画像: Kentaro Ohno

2015.09.03

ライフ・ソーシャル

今日は何の日 9月3日は「ベッドの日」

INSIGHT NOW! 編集部
南青山インサイト株式会社

good sleep dayで9月3日とは無理やりな語呂合わせですが、ベッドの日なのでよい眠りのお話を。

今日、9月3日は「ベッドの日」です。

ベッドによる心地良い睡眠を広くアピールすることを目的に、全日本ベッド工業会が制定しました。日付は英語表記のgood sleep dayのグッドスリープをグッスリと読み、9と3の語呂に合わせたという、かなりの無理やり感ですね。

よい眠りというのは健康な心身のために欠かせないものです。

「身体を休ませることで疲労を回復させていると思いがちな睡眠ですが、むしろ身体よりも脳(大脳)を休ませるために必要なのです。睡眠が不足すると、脳の中でも「前頭連合野」という、考える、記憶する、そして感情などの人間らしいココロや理性を担当している部分の機能が低下してしまいます。ですから、脳が過労状態になってしまうと、ココロにも障害が出てきてしまいます。 」( 大塚家具goodsleepfactory 参照)

そういえば、会社のメンタルヘルス講座で精神科医の講師の方が「人間眠らないと死にます」と軽やかに宣言されていました。実際、なんらかの原因で睡眠障害になると、心身の健康が蝕まれてしまいます。うつ病の初期症状が睡眠障害だという話を聞きますが、逆に睡眠障害からうつ病になるのかもしれません。

よい眠りのためには、朝の光をたっぷり浴びることと寝る前に光の刺激をさけることが大切です。こうして睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌を適切にコントロールすると、自然と夜になると眠くなり、朝快適に目覚めることができます。

もう一つは、睡眠時間の長さよりサイクルを大切にすることです。レム睡眠とノンレム睡眠はおおよそ90分サイクルで繰り返されるので、最低3時間しっかり眠るだけでもかなりの休息が得られます。逆にこのサイクルをうまくとらえられず中途覚醒を繰り返すと、心身がとても疲れるようになります。

適切な環境と生活サイクルで、人生の1/3を費やす睡眠時間を快適に過ごしましょう。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

INSIGHT NOW! 編集部

南青山インサイト株式会社

INSIGHTNOW!運営事務局/編集部です。

フォロー フォローしてINSIGHT NOW! 編集部の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。