会社が中から腐るとき

画像: www.tOrange.biz Valdemar Fishmen

2014.07.31

経営・マネジメント

会社が中から腐るとき

日沖 博道
パスファインダーズ株式会社 代表取締役 社長

絶好の市場環境下で赤字を続けても根本的な改革に着手しないこと、それでも経営陣が叱責されないこと。こんな緊張感のない会社経営ではまともな人材は育たず、いずれ崩壊すること必至。

友人から意外な話を聞いた。彼は最近になって突然に会社を辞めたのだが、その勤めていた中堅のシステム開発会社が連続赤字になりそうだというのだ。

この景気回復の風を帆に受けて、ほとんどのシステム開発会社が受注・売上とも急速回復の途上にあり、しかもSE不足のために、リーマンショック以来極端に落ち込んでいた単価もかなり回復基調にあると聞く。

業界の悪弊である値段の叩き合いもかなり影を潜め、無茶をいう客先からの提案依頼は丁重に辞退するという話を、幾つものSI会社やITコンサルティング企業から聞いている。

SEとまともなPMさえ確保できれば他にまともな仕事がいくらでも出てくるので、おかしな仕事に手を出さなくてもよいのだ。言い換えれば、それほど大したことのないシステム開発会社でも仕事に困らずに済む環境だ。

そんな事業環境下で連続赤字を計上しそうだというのはどうした事情か、と小生は訝しんだのだ。よほど営業がトロくて受注に苦しんでいるのかというと全くそんなことはなく、受注は計画以上だと云う。

では景気回復前にでも引き受けた、極端に採算性の悪い大型案件のデリバリーが最近まで残っているとかいう特殊事情でもあるのかと問うと、そんなこともないと云う。

じっくり聴いてみると、次のような事情だった。

この2年ほどの間、従来ではなかなか手を出せなかった大手企業の案件が続けて、親会社経由で舞い込んでくるようになり、張り切って受注したそうだ。

しかしいずれの案件も、あれこれと仕様の手直しや追加開発を余儀なくされて、提案時に考えていたよりもずっとSEリソースが必要になり、期間も長引いて、大幅にコスト超過になってしまったというのだ。典型的な問題プロジェクトのパターンだ。

多くの中小規模案件については利益を上げているのだが、数件の大型案件での赤字により、全体としても最終赤字になってしまうとのことだ。

どうやらそれらの大手企業は一種の「札付き」で、他のシステム開発会社で断られ続けた揚句、流れ流れてこの会社の親会社に頼み込んだのではないかと推測される。要は、よく事情を知らないまま新規顧客の大型案件に喜んで食らいついたら「毒饅頭」だった、というところだろうか。

提案時の検討が甘かったことは間違いなく、要件定義までの作業にも穴が幾つもあったのだろう。そもそもこの会社の実力では、そんな大型案件は身の丈を超えていたとも云える。

仕様変更や追加要望に関してきちんと契約で詰めもしないし、上流工程で無駄なプロセスを整理することもしない「純日本式のシステム開発」の現場では、こうした問題プロジェクトは往々にして生じるものだ。だからその事実自体には驚きはなかった。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

日沖 博道

パスファインダーズ株式会社 代表取締役 社長

当社は新規事業の開発・推進・見直しを中心とした戦略コンサルティング・サービスを提供しております。代表である私は、30年にわたる戦略コンサルティングと、実務での新規事業開発の経験を基に、企業の特性と事情に合わせた「実践的アプローチ」、「3倍速のスピード感」、「サイド・バイ・サイドの姿勢」を持って、経営者の思いを実現することを心掛けています。 新規事業やサービスの開発においては、テーマ探索~事業仮説開発~検証~試行といったプロセスに沿って一気通貫でご支援することもできますし、必要に応じて一部だけを抜き出して対応することもできます。 詳しくは弊社HPをご覧ください。ご登録いただければメルマガもお届けします。

フォロー フォローして日沖 博道の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。