コミュニケーションが難しいメンバーを動かす3つの原則

2013.05.25

経営・マネジメント

コミュニケーションが難しいメンバーを動かす3つの原則

柏 陽平

プロジェクトマネージャに要求されるQCD(品質およびスコープ・コスト・納期)の達成水準は、ますます厳しくなるばかりだ。 それにも関わらずプロジェクトマネージャは、外国人、メンタル不調の社員、報連相ができない社員など、コミュニケーションが難しいメンバーと協力してプロジェクトを進めざるをえない。 カギを握るのは、多様な背景や行動特性をもつメンバーを動かすための「攻めのダイバーシティ・マネジメント」だ。

難しいチームで、プロジェクトに取り組まざるをえないプロジェクトマネージャ

 プロジェクトの3つの制約条件、すなわち、QCD(品質およびスコープ・コスト・納期)の「鉄の三角形」は、近年ますます厳しくなるばかりです。QCDはトレードオフの関係であり、例えば、コストを下げようと思えば、スコープ(開発範囲)の縮小と、納期の延長を、考慮せざるをえません(図1参照)。

 それにも関わらず、コスト削減のみが要求され、スコープと納期は変えられない・・・という苦しい状況が、現実ではないでしょうか?

 その結果、単価の低い海外オフショア先や業務委託先、経験の浅い若手社員などを活用せざるをえません。恒常的に負荷の高い労働環境から、メンタルヘルスに不調を抱えるメンバーも出てきます。下記のようなチームメンバーが、あなたのプロジェクトにも関わっているはずです。

 ・日本語のあいまいさや文脈が通用しない、オフショア開発先の外国人
 ・プロジェクトの進め方に不慣れな、業務委託先要員や非正規社員
 ・メンタルヘルスの不調がある社員(うつ病からの復職者や予備軍、新型うつ)
 ・報告・連絡・相談ができず、勝手なやり方で仕事を進めてしまう社員
 ・協調性がなく、自己中心的な若手社員

仕事をチームメンバーに任せられず、抱え込んではいませんか?

 これらのメンバーに共通しているのは、コミュニケーションが取りづらく、あなたが思ったとおりに動いてくれないことです。「なぜ通じない?」とイライラし、仕事を任せるのではなく自分で抱え込んでしまう・・・と、なってはいませんか?

 たしかに、チームメンバーに仕事を頼むためには、指示の明確化、説明、チェックにかかる手間と時間が必要です。そのコストを考えると、自分でやった方が合理的に見えるかもしれません。しかし、チームメンバーと十分なコミュニケーションをとらず、仕事を任せられないと、あなたの工数負荷が過大になるだけでなく、チームメンバーの不信感を生んでしまいます。

 そうなると、ますますコミュニケーションが取りづらくなり、チームメンバーからの報告・連絡・相談が遅れ、予期せぬトラブルが続発してしまうでしょう。その結果、あなたはトラブル対応に追われて本来業務ができず、仕事を頼む時間も取れなくなり、チーム全体の生産性がますます低下してしまいます。プロジェクトのQCDは悪化し、あなたのマネジャーとしての評価も落ちていく・・・ということになりかねません(図2参照)。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。