海外を向く中小企業 (4) 新興国リスクを認識せよ

2013.01.17

経営・マネジメント

海外を向く中小企業 (4) 新興国リスクを認識せよ

日沖 博道
パスファインダーズ株式会社 代表取締役 社長

多くの中小・中堅企業が進出を検討している東南アジアの新興国市場も数々のリスクから無縁ではない。例えば「日本人リスク」である。

ニッポンの中小・中堅企業の海外市場進出に関し、最後にリスクの話をしたい。先に述べた、実際に進出した企業の話でも気になったのだが、日本企業のリスク感覚にはどこか不思議なズレが常にある。

戦略的に考えて先行者優位を築く絶好の機会なのに、他の企業(特に近い業種の企業)が行動を起こしているように見えないと腰を上げない。逆に客観的にはリスクが高まっているのに、「赤信号、みんなで渡れば怖くない」とでもいうように、同じところに集中しようとする(中国進出はまさにこの典型だった)。

今、多くの中小・中堅企業が進出を検討している東南アジア市場も発展途上ゆえに、ある種のリスクからは無縁ではない。

東南アジアに典型的なリスクとは、例えば「日本人リスク」である。他の地域に比べ現地在住の長い日本人が多いのが東南アジアの特徴だが、彼らが結構悪さをするのである。

十分に戦略を練らずに「とりあえず現地に行きゃあ何とかなるだろう」と、安易に現地事務所を開設して、現地の商売の糸口を掴もうとする(ある意味、元気のいい)中小企業の現地責任者が、彼らのカモになる事例が続発しているのである。

怖がらせることが本意ではないが、こうしたリスクをしっかり認識し、対策・準備を講じた上で進出して欲しいと願う次第である。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

日沖 博道

パスファインダーズ株式会社 代表取締役 社長

弊社は新規事業の開発・推進・見直しを中心とした戦略コンサルティング・サービスを提供しております。弊社のコンサルティングの特長は次の4つです。 1.独自の「イシュー分析」手法に基づき、「どういうロジックで、何を検討するのか」というワークプラン、および「誰がいつまでに何をするのか」というWBSチャートを初期段階から明示 ⇒ 迷わない。素早く、前もって動ける。 2.社内プロジェクトチームに少数のコンサルタントが入る混成チームで進める ⇒ メンバーへ刺激。 3.ハンズオン指導と作業分担の組み合わせで進める ⇒ スピード感とメンバー成長の両立。 4.(知識・経験依存でなく)「仮説思考」「ファクトベース」を重視 ⇒ 科学的アプローチによる納得性。 詳しくは弊社HPをご覧ください。ご登録いただければメルマガもお届けします。

フォロー フォローして日沖 博道の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。