作業計画だけでなく クライアントのバックグラウンドも捉えよう!

画像: designmilk

2015.07.27

経営・マネジメント

作業計画だけでなく クライアントのバックグラウンドも捉えよう!

赤秀 有為
エフィジェント株式会社 代表取締役コンサルタント

プロジェクト成功に向けて、「クライアントはそれぞれどんな立場でどんな責務を負っているのか?」「このプロジェクトに何を期待しているのか?」また「どんな性格か?どうコミュニケーションを取るべきか?」等を見据えた上でプロジェクト遂行する必要性について提言する。

■プロジェクトの成功とは?
「プロジェクトの成功とは、プロジェクトステークホルダーが満足する事。」
(以下、便宜上 上記ステークホルダーをクライアントと記載)
クライアント満足と言っても、たいてい複数の担当者がいるので難しい!それぞれ立場も異なり、意見も異なる。なので、(プロジェクトオーナーの意向を優先等)各担当者の力関係も鑑みて、バランス良く満足を提供できる様 取り計らう必要があります。
特に、このクライアント満足は、プロジェクトマネージャが中心となってマネジメントすべきものになります。

■クライアント満足に向けて、
現状のプロジェクト現場を見ると、上手くクライアント満足を追求できていない様に見受けられます。

問題は、”作業計画”ばかりにフォーカスしてプロジェクト遂行にあたっている点である。
作業計画とは、プロジェクトの計画フェーズで、クライアントと共に“作業スコープ”や“作業項目“や”作業スケジュール”等を検討して合意して、それをプロジェクト作業計画として取り纏められたもの。
で、作業計画はもちろん大事である。クライアントと合意して作られたもので、クライアントの思いがたくさん詰まっているものなので。ただ、計画フェーズ時点のものですが、、、

作業計画は、あくまでも計画フェーズで作られたもの。プロジェクト進行と共に、プロジェクトの最終成果イメージが具体的になってきて、当初の計画から軌道修正すべき点が出てくるものである。特に、期間の長いプロジェクトや上流工程フェーズのプロジェクトにて。
要は、作業計画とは変更されうるもので、絶対的なものではありません。なので、作業計画に依存しすぎる事は、負のリスクが大きいと言えます。

では、クライアント満足をどのように追求すべきか?
クライアントの各担当者は、「それぞれどんな立場でどんな責務を負っているのか?」「このプロジェクトに何を期待しているのか?」また「どんな性格か?どうコミュニケーションを取るべきか?」等。
このようなクライアントのバックグラウンドを見据えつつ、作業計画を遂行していく事が必要である。
こういう意識を持って作業を進めることで、いざ作業スコープや作業スケジュールが変更される等といった事態にも、バタバタ慌てずに対応できる作用ももたらされます。

■クライアントのバックグラウンドを見ていない!?
では、現状のプロジェクトメンバは、クライアントのバックグラウンドを見ていないのだろうか?
いえいえ、実は結構見ているのです。

次のページみんな無意識にクライアントのバックグラウンドを見ている...

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

赤秀 有為

エフィジェント株式会社 代表取締役コンサルタント

1973年 千葉県生まれ。慶應義塾大学 環境情報学部卒。IBM/サン・マイクロシステムズ/PwCコンサルティング社にて、いずれもコンサルタント職として計10年在籍。その後、エフィジェント社の代表コンサルタントとして、新規事業立ち上げ支援やBPR/ERP導入支援を遂行。現在、BPR経験と業務ミドルウェアソフトでの開発経験を活かし、RPA導入支援に注力。 *UiPath社認定 RPA Developer Foundation Diploma 資格保有

フォロー フォローして赤秀 有為の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。