目標達成したかったらマイルストーンをうまく使おう

画像: Tatsuo Yamashita

2015.08.06

仕事術

目標達成したかったらマイルストーンをうまく使おう

日野 照子
フリーランス ライター

マイルストーンという小さな締め切りを作って、ひとつひとつクリアすれば、遠くに見えた目標地点に到達できます。

【締め切りは嫌なもの?】

なんとなく締め切りというのは、嫌なものだと思っていませんか。

夏休みの宿題を忘れたふりをして遊びつづけ、8月も終わり頃になってから、あわてて夏休み中の天気を調べて絵日記を描いたり、最終日に親に泣きついて自由研究を仕上げたり、そういう子どもの頃の思い出から、締め切りに対する嫌なイメージがしみついてはいませんか。けれど締め切りがなかったら、多くのことが成し遂げられないまま終わってしまいます。要は締め切りといかにうまく付き合うかなのです。

【締め切りをひとつひとつクリアしていく】

システム開発のプロジェクトマネジメントの基本的かつ重要な仕事のひとつにスケジュール管理があります。プロジェクトマネージャはまずプロジェクトの計画を立て、その計画にそってプロジェクトを管理します。この最初に作るプロジェクト全体の計画をマスタースケジュールと言いますが、マスタースケジュールには必ずマイルストーンが設定されています。

マイルストーンというのは、プロジェクトでやらなければならない各作業工程の節目をあらわす「里程標」のことです。プロジェクトにはいつまでに何をやらなければならないかの確認ポイント=マイルストーンがあり、スケジュール上に置かれたマイルストーンの完了をチェックしていれば、プロジェクトの進捗がわかる、という仕組みになっています。

開始から完了までの一連の作業の途中途中に小さな締め切りを作っておいて、締め切りを一つ一つクリアしていく、という方がイメージしやすいかもしれません。

システム開発というのは、どういうシステムにするかという企画から実際にユーザーが使えるようになるまで、実に長く複雑な工程を経なければ完成しません。最初から、遠くのゴールを目指して走ってもたどり着かないので、途中途中に目印となるマイルストーンを置いて、道に迷わないようにしているのです。

【遠すぎるゴールより、手の届きそうな道標を目指す】

あまり優秀でないマネージャは、遠い山の上を指して、あそこまで行けば楽になれるからがんばれと言います。実際に走る身になれば、そこまでの道のりが見えなければ不安になるでしょう。途中に目印がなければ、道に迷ってしまうかもしれません。

優秀なマネージャは、手の届きそうな場所に目印を置き、とりあえずそこまではがんばれ、という運営をします。一歩一歩進んでいるうちに、いつかゴールにたどり着くという運営をするのです。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

日野 照子

フリーランス ライター

INSIGHTNOW!では、長年の会社生活で培った男社会や組織への疑義から、女性の社会進出やこれからの仕事、働き方などのコラムを書いています。

フォロー フォローして日野 照子の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。