「べき論」は虎の威を借る狐。

2010.03.21

ライフ・ソーシャル

「べき論」は虎の威を借る狐。

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

「あなたの会社がやるべきでしょ?」 「あなたの部署がやるべきでしょ?」 そして 「あなたがやるべき仕事でしょ?」 …なんで「余計なお世話っ」って感じることが多いんだろう…。 なるほど、「べき論」を語る人は、自分が考えた意見ではないからですか…

===(引用終了)===

僕はとってもスッキリしたんですけど、これを読んでスッキリした人、多いのでは?
言う事を聞かない人と相手しているみなさま(苦笑)

確かに、「べき論」を言う人は、理由を聞こうとすると

「めんどくせぇ!あたりまえでしょ、そんなこと」

として言い切るとか

「あーもう、いいよいいよ」

として対話から外れ、自分の味方をしてくれる人間に向け「だよね?」というメッセージを送り、賛同者を得ようとするとか…
そんなことが多い気がします。

「べき論」は虎の威を借る狐のとる方法なんです。
そしてまた、僕も、内田氏の言葉を借りているから、ここまで断定的に言えるんです(笑)

父の教え…
「絶対~」のような言い方、「べき論」を、他人に向けてやっちゃいけない、ということが、言語による理解を含めてとても理解できた瞬間でした。
「虎の威を借る狐」が、他人に向けて「~べき」と発した言葉は、責任転嫁以外の何物でもないですからね。

「~べき」という言葉を発するときの例外もあるかと思います。
それは、

発した本人に当事者意識があるとき、その言葉には重みを含む


という事です。

たとえば僕は、「もっと日本は、教育に力を入れるべき」ということもあります。
僕自身が、もっともっと真剣に教育に向き合っていたい、という心がありますし、実践もしたいという当事者意識が「ものすごく強い」ことの裏返しとして発するわけで。

だから、「~すべき」と言葉に発するときは、自分がその行動にどれだけ関与する意識があるか、によって、重さが全然違います。

「日本はもっと、若い人を育成すべきだ!」

…と発しているみなさん。

当事者意識、ありますか?

当事者意識、ある人、「増えるべき」!

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。