【 達人のサイエンス 】

2007.09.13

ライフ・ソーシャル

【 達人のサイエンス 】

泉本 行志
株式会社アウトブレイン 代表取締役

もう一度読み返したい本: 【 達人のサイエンス 】 (著)ジョージ・レナード

それに対し、マスタリーとは、即座の結果を求めない、不断の努力に支えられた忍耐の道なのである。
自己を明け渡し、結果を得ることを目的とぜず、練習自体を愛し、鍛錬を続けていく。それは、人生のプロセスそのものであり、言い換えれば、マスタリーの道は、過去でも未来でもなく、ただ「今」を愛する「現在」にのみ
存在するものといえる。

~抵抗勢力「ホメオアウタンス」~

マスタリーへの道のりで、よい方向へ変化していく中でも、必ず後退が始まる。人は、大幅に変化すると、
それが後退であれ前進であれ抵抗を受ける。なぜなら、我々の体や脳、行動には、変化の状態から元に
戻ろうとする傾向が本来備わっているからである。この変化に対抗して平衡状態を維持しようとする働きを、
「ホメオアウタンス」(恒常性)という。ホメオアウタンスの問題なところは、現状があまりよいものでなくても、
それを維持しようと働き続けてしまうことである。なぜなら、ホメオアウタンスは、その変化がいいのか悪いのか区別ができなく、どんな変化にも対抗するからである。

このホメオアウタンスに対処するポイントとして、①その抵抗とゆり戻しをあらかじめ想定しておく ②二歩進んで一歩下がる状態をいとわない心構えをもつ ③可能であれば、自分一人でなく変化にともなう喜びと危険をともに分かち合える仲間を作る ④規則的に練習・鍛錬を続けるよう習慣化し、変化という不安定な状態の中にあっても安定するベースを作る ⑤「自分が変わる方法」を生涯学び続ける、というものが挙げられる。

~達人へのエネルギー~

マスタリー的な生き方に専念するための「エネルギー」がないという人がいる。だがエネルギーはそもそも使うことで現れるものであり、またそれは保存が効かないものである。マスタリーのエネルギーを得るためには、
まず肉体の健康を維持すること、積極的な思考・態度をもつこと、優先順位を決めること、公言して、実行することなどを心掛けるとよい。そして、なによりマスタリーの道を歩むことこそ、エネルギッシュな生き方をもたらしてくれる最大のものなのである。

=======
芸術やスポーツなどに限らず、ビジネスでも学問でもある分野の達人になるためには、その過程で、必ずプラトーと付き合わなければならない。それが達人の域に到達するための不可避な過程であると認識しておくことは、諦め放り出したくなる心への大きなストッパーとなり、持続的な努力を促してくれる。
自分にとって、これだ!と思った分野を徹底的に極めていく、その過程こそが、充実した人生を作り上げ、
その終わりなき鍛練の中にこそ、人生の意味が存在する。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

泉本 行志

株式会社アウトブレイン 代表取締役

フォロー フォローして泉本 行志の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。