商社マン しんちゃん。 走る! (32)

2009.10.28

営業・マーケティング

商社マン しんちゃん。 走る! (32)

三宅 信一郎
株式会社BFCコンサルティング 代表取締役社長

~高度成長からバブルを駆け抜け、さらなる未来へ~ 1980年~90年台にかけての日本経済のバブルが膨れ上がって破裂前後の頃の、筆者のドロドロの商社マン生活の実体験をベースに、小説化しました。 今も昔も変わらない営業マンの経験する予想を超えた苦楽物語を、特に若手営業マンに対して捧げる応援メッセージとして書きました。

【前号までのあらすじ】

海外の名だたる企業とビッグビジネスをすることを夢見て、憧れの
総合商社に入社したしんちゃんであったが、配属後すぐに地道な国
内商売の担当になってしまう。 同期が華やかな輸出入ビジネスな
どの海外取引、海外出張などグローバルなビジネスに関与しだし始
めているなか、自分は一体いつまで地味な国内商売に関与し続けな
ければならないのか?  一体いつになったら海外とのビジネスに
携わることができるのか? と、自分の抱いていた夢やあこがれと
現実のギャップに毎日悶々と自問自答する日々が続いていた。
3年目を迎えたある日、海外への飛躍の機会が突然転がりこんで来
た。  ただ、出張を命じられた国は、戦争真っただ中のイスラム
の大国、イランであった。 そこでは、日本ではとても経験できそ
うにない体験が待っていた。
いよいよ海外の顧客とのネゴシエーション(交渉)が始まった。
さー百戦錬磨の中東のクライアントにしんちゃんはどう立ち向かう
のか?
クライアントからの突然の難題に、東京の助けを得て何とか乗り切
ったしんちゃん。 ほっとして生まれて初めてのゴルフに・・・。

宮田にとって初めてのゴルデビューは、日本から遠く離れたイラン
の地で、それも空襲警報の中でのほろ苦いデビューとなった。

イラクの空襲によって、エンタテイメントの楽しさからほど遠いゴ
ルフとなってしまい、スコアどころではなかった。

翌日宮田は、全ての予定を無事終えてテヘラン空港のイラニアン航
空機の、韓国金浦空港経由成田行きジャンボジェットに搭乗し、離
陸を待っていた。

ところが、定刻の出発時刻を過ぎること何と既に5時間が経過して
いたが、一向に離陸する雰囲気が見られない。

イランにとって民間航空機の場合、敵国である米国ボーイング社製
の飛行機のため、満足に部品の供給体制ができていないらしく、部
品の取替えに時間がかかっているとの機内アナウンスが流れていた。

アメリカが部品、特に重要部品供給に関して、政治的圧力をかけて
意図的にそうしているのかどうかは宮田には分からないが、そんな
匂いがしたことは間違いなかった。

いずれにせよ、今まで経験したことがない長い時間を発着する前の
機内で過ごすこととなった。

ふと後ろのほうから男性の人間のうめき声らしき音が聞こえてきた。

さらに、誰かが日本語を発している。

「しっかりしてください!もうすぐ離陸しますから」

恐る恐る後ろを振り向くと、幾つか後方の座席が数席まとめて倒さ
れて簡易ベッドのようなものが作られその上に白い布が蚊帳のよう
につるされて、中が見えないように覆われていた。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

三宅 信一郎

株式会社BFCコンサルティング 代表取締役社長

事業力強化・新規事業開発・創業支援コンサルタント (財)生涯学習開発財団認定コーチ 自動認識基本技術者 (JAISA:(社)日本自動認識システム協会)認定

フォロー フォローして三宅 信一郎の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。