ウォルマート対アマゾン:容赦ない抗争の行方は・・・

2009.10.17

経営・マネジメント

ウォルマート対アマゾン:容赦ない抗争の行方は・・・

石塚 しのぶ
ダイナ・サーチ、インク 代表

ウォルマートが「ウェブの巨獣」アマゾンに宣戦布告。王者の名誉を挽回するべく、とことんまで低価格で徹底抗戦すると宣言した。流通の二大脅威が起こす大津波はいったいどこまで波及するのか・・・。

ウェブの巨獣、アマゾンにウォルマートが宣戦布告


「もし、『ウェブにおけるウォルマート』があるとしたら、それは、ウォルマート・ドット・コムだ。」
これは、他ならぬウォルマート・ドット・コムのCEO、ラウル・バスケス氏の言葉だという。近年、米国のビジネス・メディアでは、「ウェブにおけるウォルマート=アマゾン」という見方が日に日に強まっていたが、その騒音を打ち消すような挑戦的な発言。「我々のゴールは、品揃え、ビジター数ともに、世界最大のウェブサイトになること」と続けた。

米国時間10月15日、話題の新刊10冊を巡り、ウォルマートが仕掛けた価格抗争に対して、アマゾンが間髪を入れず迎撃、同日の夕方までに、ウォルマートがさらなる値下げで反撃するという白熱戦となった。通常の小売価格が30ドル以上するハードカバーの新刊を卸値を大きく下回る10ドルで売り出すということで始まった競争は、現在はウォルマート、アマゾン両社ともに9ドルを最低価格として落ち着いている。

しかし、ウォルマートは、「ウェブ上のロウ・プライス・リーダーとしての地位を誇示するためなら、どこまでも低価格を追及する」と、徹底抗戦の意図を表明。「世界最大のリテーラー」と「オンラインの巨獣」の一騎打ちは、どうやらまだ当分は決着がつきそうにない。

今回の価格抗争は、たまたま、書籍というカテゴリーを巡ったものだが、ウォルマートとアマゾンの競争の本質は、「書籍カテゴリー」だけを問題にしたものではない。アマゾンも、ウォルマートも、「世界最大のブックストア」になりたいわけでは決してないのだ。

米国の小売市場では、天下無敵の地位を築き、抗う競合をいとも容易く蹴散らしてきた「ベントンビルの巨人」、ウォルマートが、今、本気でアマゾン転覆を企てている。それはなぜか。アマゾンが、近年、顧客のマインドシェアを奪い、ウォルマートの縄張りまで着々と攻め込んできているからだ。

ウォルマートは、「世界最大のリテーラー」。その事実は明白だが、アメリカでは、「ウェブ」と言われて、真っ先に、「ウォルマート」を思い浮かべる人はまずいないだろう。「ウェブ」と言えば、やはり、「アマゾン」だ。

アマゾンは、もはや、「世界最大のブックストア」ではなく、「世界最大のウェブ・リテーラー」としての確固たる地位を築くことに成功した。「アマゾンに行けば、欲しいものが必ず見つかる」、しかも、「一番、安いものが見つかるに違いない」という認識が、消費者の頭の中に定着している。創業から10年余りにして、アマゾンは、ウェブ・ショッピングのデファクト・スタンダードになってしまった。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

石塚 しのぶ

ダイナ・サーチ、インク 代表

南カリフォルニア大学修士課程卒業。米国企業でNASAプロジェクトなどに関わり経験を積んだ後、82年にダイナ・サーチ、インクを設立。以来、ロサンゼルスを拠点に、日米間ビジネスのコンサルティング業に従事している。著書に「未来企業は共に夢を見る~コア・バリュー経営~」(2013年3月発売)、「ザッポスの奇跡 改訂版 - アマゾンが屈した史上最強の新経営戦略」、「顧客の時代がやってきた!売れる仕組みに革命が起きる」などがある。

フォロー フォローして石塚 しのぶの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。