地球交響曲 -GAIA SYMPHONY- (3)三番

2009.08.14

経営・マネジメント

地球交響曲 -GAIA SYMPHONY- (3)三番

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

当シリーズ映画の基本コンセプトは、 「“母なる星地球(ガイア)”は、それ自体が一つの大きな  生命体であり、我々人類は、その大きな生命体の一部分として、  他の全ての生命体と共に、今、ここに生かされている」 というもの。 世界の賢人たちへの取材を通じて、 ガイアの思想が決して妄想でないことを 実感させてくれます。

今回は、1997年に公開された「三番」をご紹介します。

<星野道夫>

アラスカの大自然や人をモチーフに
私たちの目をひきつけて離さない写真を
数多く残した星野道夫氏。

彼は、1996年8月8日、
ロシアのカムチャツカでヒグマに襲われ、
この世を去ります。

同年9月から、第三番の出演者として、
取材が始まる直前のことでした。

したがって、第三番は、
星野氏と親しくしていたアラスカの友人たちによる、
星野氏の回顧録的な内容になっています。

実は彼は、アラスカの少数民族、
クリンキット族から、

「カーツ」

という名前をもらっていました。

「カーツ」は、クマの父親、
人間の母親を持つ伝説上の存在です。

クリンキット族はクマを崇める一族であり、
星野氏は、その一族として認められたのでした。

皮肉なことに、
星野氏はクマに襲われて命を落とします。

友人たちはこの悲劇について、

“道夫は自らの命をクマに捧げたのだ”
“道夫は、クマのことを悪くは思っていない”

と考えることで、
かけがえのない友を失った気持ちの整理を
しています。

でも実際、星野氏自身も、
次のように語っているのです。

“一撃で人を倒せるクマの力を知ると、
 そんな自然がまだこの地球にあると
 わかって、ちょっとほっとしますね・・・

<フリーマン・ダイソン>

天才物理学者。

弱冠24歳で、相対性理論と量子力学を統合する方程式、

「ダイソン方程式」

を発見します。

ダイソン氏は、地球は、
月の表面のように単調ではなく、
多様な命で満ち溢れているからこそ
美しいのだと述べています。

そして、ダイソン氏は、
この美しい地球を今のままで残すためには、
人類は宇宙に移住すべきであると考えています。

彼によれば、この宇宙移住は、
数千年以内に実現するだろうとのこと。
(それまで地球がもつでしょうか・・・?
 私個人としてはそれでは手遅れのような気がしますが)

<ナイノア・トンプソン>

トンプソン氏は、ハワイの先住民族です。

彼が最初に学んだ言葉はハワイ語です。
そして、小さい頃は先住民族の文化に
囲まれて育ちました。

ところが、学校に入ったとたん、
ハワイ語を話したり、フラダンスを踊ると
ムチで叩かれ、止めさせられるという経験を
しています。

さて、ハワイの先住民族の祖先は、
南方のミクロネシアから、数千年前、
太平洋5千キロをはるばる航海して
やってきたと考えられていました。

しかし、そんな昔の素朴な航海技術では、
5千キロも離れた島からやってこれるわけが
ないと、この可能性は否定されていたのです。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。