地球交響曲 -GAIA SYMPHONY- (5)五番

2009.08.17

経営・マネジメント

地球交響曲 -GAIA SYMPHONY- (5)五番

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

当シリーズ映画の基本コンセプトは、 「“母なる星地球(ガイア)”は、それ自体が一つの大きな  生命体であり、我々人類は、その大きな生命体の一部分として、  他の全ての生命体と共に、今、ここに生かされている」 というもの。 世界の賢人たちへの取材を通じて、 ガイアの思想が決して妄想でないことを 実感させてくれます。

今回は、2004年に公開された「五番」をご紹介します。

実は、第四番までの出演者のうち、
第五番の撮影開始時点で次の3人の方が
既にこの世を去っていました。

・野澤重雄
・ジャック・マイヨール
・星野道夫

五番では、彼らの霊を弔うため、
3人の名を記した「精霊船」が流される様子が
含まれています。

また2003年には過去の出演者たちのうち、
以下の4人が次々と来日。

・スーザン・オズボーン(第二番、三番の主題歌を歌った)
・ラッセル・シュワイカート(元宇宙飛行士)
・ジェームス・ラブロック(ガイア理論提唱者)、
・14世ダライ・ラマ
・ジェーン・グドール(霊長類学者)

彼らの来日の模様も収録されています。

さて、第五番のメインの出演者は、
石垣昭子氏とアーヴィン・ラズロ氏の2人です。

<石垣昭子>

草木染織作家、石垣氏は、
一度は廃れてしまっていた沖縄の伝統的な

「草木染織」

を復活した方です。

五番では、「芭蕉」という多年草から、
手作業で繊維を取り出して割き、
糸を生み出す根気のいる工程が紹介されています。

沖縄では、
「魂」のことを「マブヤー」と呼ぶそうです。

石垣氏は、糸づくり・布づくりを手間をかけ、
丹念に行うことで、芭蕉の中に元々あった

「マブヤー」

を糸や布にも残していくことが大事だと考えています。

石垣氏が染色に使う草木は

赤 → 紅露(クウル)、イモ科の自生植物
黄 → 福木(ふくぎ)の表皮
青 → 藍

などです。

山の急な斜面にしか生えない紅露を探し、
取ってくるのは石垣さんの旦那さんの役割。

必要な分だけ取り、根は残します。
新しい実がつくように。

また、樹齢数百年にもなる「福木」から、
表皮の一部を剥ぎ取る際には、次のように祈ります。

“木の神さま、私の分を分けてください”

削りとられた福木の表皮は、
数年のうちに、すっかり再生してしまいます。

石垣氏によれば、化学繊維は、
自然な草木の色には決して染まらない
のだそうです。

だからこそ、「糸」づくりにこだわる。

芭蕉を植えるところから始まり、
ようやく最後に「糸」として目に見える形に
なるまでの膨大な年月と単調な作業の連続は、
実に大変で厳しいものです。

しかし、糸になる以前の

「見えない仕事」

に手を抜かないことが、

「マブヤー」

のある優れた染織作品につながると、
石垣氏は考えているのです。

<アーヴィン・ラズロ>

幼少の頃、天才ピアニストとして
名をはせたラズロ氏。

彼は、芸術的な感性を磨いたおかげで、

「世の中を全体のつながりの中でみる」

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。