チャート作成トレーニング:図解の技術~比喩編~

2008.12.03

仕事術

チャート作成トレーニング:図解の技術~比喩編~

伊藤 達夫
THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

今日は、コンセプトチャートに良く使われる比喩で図解するチャートについて解説します。これ、高度なので、外すと回復がきかないので、あまりお勧めしません。絶妙の例えというのは、なかなか普通の会話でも難しいです。こういうのもあるんだな、ぐらいに思っておいてくださいね。

 概念的なチャートはなかなか理解が難しいですよね。3つぐらいの軸で考えることが必要な場合もあります。

 3軸で図解するとかえってわかりにくくなるので、箇条書きのほうがまだいい場合もあります。

 ただ、もしもメッセージを伝える際に、絶妙のたとえがあるのならば、たとえを図解してみることもいいかもしれません。

 留意点としては、何度もこのシリーズで書いておりますが、あくまでメッセージを適切に伝えるために図解があるのであって、図解が先ではないということ。

 比喩で図解すると、はまった場合にはすごく伝わるんですが、失敗すると、そうかなあ、というようなお話しになってしまう、しかも、全体概念を表現する時に使う場合が多いので、それが外れると、プレゼンそのものが外れてしまうんですね。そういったリスクがあります。

 また、細かい部分で、さらっと流して欲しいときに、比喩チャートを使ってひっかかっても、しんどいですよね。

 だから、全体コンセプトを伝える時に、相手に響かせるために使うんですね。より印象に残って欲しいから使うんです。それを忘れないで下さい。

 さて、よくある比喩チャートですが、「ロケットの打ち上げ、大気圏脱出」というのがありますね。

 何度か見かけたことがあります。

 改革をするのは、ロケットを打ち上げて、大気圏を脱出するようなもんですという例えですね。

 大気圏に入って安定軌道に入ればある程度安心できるけど、それまでは大変、気が抜けない、というお話しですね。

 ロケットの打ち上げはすごくたくさんの人が、すごい時間を使って準備して、訓練して、いざ点火しても途中で落ちるかもしれなくて、しっかり計算した動きをしないと成功しない。そういったイメージは伝わりますよね。

 まあ、失敗することが多いから、失敗してもロケット打ち上げ、大気圏脱出のようなもの、と言っておけば、失敗した時もそれなら難しいよね、となりやすいという予防線のようにも感じますけど・・・。

 難しいプロジェクトを偉い人にプレゼンする時に、一番初めの紙に使うとよいかもしれません。

 当然、全体を示すチャートなので、部分も比喩の部分にあわせる必要がありますよ。

 ロケット打ち上げ準備はこのフェーズ、ロケットがいざ点火となるのはこのフェーズ、後戻りはきかない!

 飛び始めたというのはこのフェーズ。一気に進めないと!

 安定軌道に入る前はこのフェーズ。細心の注意で!

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

伊藤 達夫

THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

THOUGHT&INSIGHT株式会社、代表取締役。認定エグゼクティブコーチ。東京大学文学部卒。コンサルティング会社、専門商社、大学教員などを経て現職。

フォロー フォローして伊藤 達夫の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。