広告スペースはnot宣伝、but告知

2008.06.20

営業・マーケティング

広告スペースはnot宣伝、but告知

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

繰り返し宣伝することで、購買行動を誘引するー これが以前よりある広告宣伝のオーソドックスな、そして“なんだかんだいって最も効果が高かった”手法なのかもしれません。 しかし、インターネットが出現し、もはやお客様は態度変容を起こしています。 煩いのは「選挙カー」だけではありません。あなたの宣伝もそうなのです。

◆本投稿記事は、毎日更新中のブログ
http://www.zkaiblog.com/histaff/
の話題を元に、本サイトの読者層に合わせた形で修正しております。

記事ナンバー1と関連する内容になります。

もはや広告スペースで「宣伝」してはいけない世の中になりました。

「宣伝」

という言葉をYahoo!辞書で調べると、下記の様に出てきます。

1.商品の効能や主義・主張などに対する理解・賛同を求めて、広く伝え知らせること。
2.事実以上に、また、事実を曲げて言いふらすこと。

1について。
現在社会においては、A社の社員がA社を「商品の効能や主義・主張などに対する理解・賛同を求めて、広く伝え知らせる」行為をしても、そこまで心に響きません。

A社を就職先に選んだ人間は、A社の商材・サービスに賛同していることが「前提」ですからね。
※実際にはそうじゃない方もいらっしゃいますが。。。
ということは、A社にその人が存在し、自分自身の存在を広く一般の人に知られるようにすること自体が、その人の行っている宣伝ともいえるのです。

そして、Z会新入社員ブログもまた、その存在、そして内容そのものが、新入社員が行ってくれている宣伝にあたるわけです。
◆Z会新入社員ブログ
http://www.zkaiblog.com/sostaff/

だから、お金を払って買った大切な自社の広告スペースで、過剰に自社商品のメリットを「宣伝」することは、余り意味がある行為とは思えませんよね。
「宣伝」の1の意味に立ち返ると。
それでも、告知するスペースが限られていた時代は、「繰り返し、あるいは声高に宣伝すること」によりいつのまにかお客様を“その気にさせ”“行動させる”ことが実際にできていたわけです。

しかし、それは(広告スペースが限られていた時代における)タマタマの出来事なんだ、と気づくべきでしょう、広告宣伝担当者は。
今はインターネットがあります。
繰り返し宣伝する、声高に宣伝する「場所」なんてたくさんあるわけです。

さらに、「宣伝」の持つ2の意味が、1の意味のみの「宣伝」行為に対する色眼鏡をかけてしまっています。
つまり、1の行為をしても2の意味にとられるー「事実以上」と受け止められるーことが往々にしてあるということです。

そして現実的に、ほんとうに1の意図でしかなかった「宣伝」であっても、2という先入観を持ってみられ…どんどん広告スペースの価値を(必要以上に)落としている現状があります。

次のページ広告スペースはnot宣伝、but告知の精神で臨むべきだ...

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。