勝手広告。これこそが企業広告の原点(前)

2008.06.29

営業・マーケティング

勝手広告。これこそが企業広告の原点(前)

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

Z会が「勝手広告」制作の神酒大亮氏を特集するTV東京系番組「うぇぶたま3」の広告素材として取り上げられます。

◆本投稿記事は、毎日更新中のブログ
http://www.zkaiblog.com/histaff/
の話題を元に、本サイトの読者層に合わせた形で修正しております。

プレスリリースの詳細はこちら。
http://www.news2u.net/NRR200833121.html
簡単に説明すると

・企業のPRを勝手に行う「勝手広告」がYouTube上でもてはやされるようになってきた。
・「勝手広告」を制作することで定評のある神酒大亮氏がTV東京の「うぇぶたま3」(6月30日(月)、深夜1時半~)に出演することになった。
・その中でZ会の勝手広告が流され、Z会もそのことを事前に知っていた。

ということになります。

電通、博報堂を渡り歩き、現在Googleに所属する高広伯彦さんから
「すごい!これは広告業界における快挙ですよ!」
と直接(ありがたいことに)メールを頂戴したのを初め、広告業界やWeb業界、コピーライターに至るまで、皆さん好意的に受け止めていることで、自分の広告に対する真意や思いがどうやら伝わってくれたようです。

※いくつか紹介します。
・マイネットジャパン青木社員のブログ
“かつてない「買って!広告」じゃない「勝手広告」”
http://magarimame.com/archives/205
・コミュニケーション研究所代表竹林篤実氏のブログ
「だから問題はコミュニケーションにあるんだよ」より
http://d.hatena.ne.jp/atutake/20080626

僕がこの企画を推進した理由として、次の3点が挙げられます。

1.第三者による広告こそが本当の広告

上記ブログ、マイネットジャパンの青木社員も語っていますが、企業広告は「買って!広告」の嵐
僕は以前から、「買って!広告」を見れば見るほど商品からひいてしまいます。

しかし、そういう消費者がいるとわかっていても、企業は「買って!広告」ばかりが中心でした。
なぜか、というと、やはりその方が(総数として)消費者が買っていた、という現状があるからなんでしょう。
選挙運動なんかそうでしょうね。あれを煩いと思わない人の方が少ないでしょうけど、きっと連呼した候補者の方が当選する、ってことなんですよね。

さらに「しかし」と続きます。それはインターネットが世に登場する前の話です。
つまり、広告から「逃げる場」「探す場」「調べる場」がなかった時代は効果的だった、ということ。

次のページインターネットが登場した昨今では、AISASの真ん中の...

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。