転職はしない方がいい!ファミマ澤田社長が考える会社のカタチ

2017.10.11

経営・マネジメント

転職はしない方がいい!ファミマ澤田社長が考える会社のカタチ

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

ファミリーマート澤田貴司社長。 伊藤忠商事からユニクロのファーストリテイリングに転職し、ナンバー2として柳井正さんと一緒に会社を大きくした立役者として知られる。 その後、ファーストリテイリングの次期社長就任を要請されたが、これを固辞して独立、企業の経営支援をするリヴァンプを設立した。 そこでロッテリアの経営再建やクリスピー・クリーム・ドーナッツの日本進出などを手掛けて一躍注目されるようになった。 “企業再生のプロ”という異名を持つ澤田社長に、タケ小山が迫る。

流通業界の可能性。そして柳井正さんとの出会い

澤田社長は伊藤忠商事時代に、イトーヨーカ堂グループがセブン-イレブン米国法人を買収・再建したプロジェクトに携わった。当時、セブン-イレブンはアメリカで破綻したのに対して日本では大成功を収めていた。

本家を飲み込むダイナミックなビジネスの下剋上を目の当たりにしたこと。同時に、流通業の将来性を感じたことが、今の澤田社長に繋がっている。

流通業への強い思いから伊藤忠を退社し、1997年ファーストリテイリングへ転職。今でこそ、カジュアル衣料業界では世界第3位だが、澤田社長が入社した当時は山口県宇部市にある無名の会社だった。

「ユニクロなんて誰も知らなかったので、東京の人から、なにそれ“のらくろ”か?なんて言われましたよ」

オフィスは田んぼのあぜ道の先にぽつんとある小さな倉庫。「僕は入るつもりは全くありませんでした」と振り返る。

しかし、柳井正さんの話を聞いているうちに引き込まれたそうで、「この人とだったら、すごく勉強になるんじゃないかと思い始めて、あまり会社のことは知らないのに帰る時には“お願いします!”と言っていた」と語る。

自分の会社の説明をするのではなく、ビジョンを語る柳井さんにすっかり魅了されてしまった澤田社長。

稀代の経営者と言われる柳井さんから学んだことは“情熱”と“決めること”。間違うこともあるかもしれないが、どんどん決めてあげることが“リーダーとして”大事である。その教えを企業再生の中でも活かして実績を積み重ねてきた。

転職、起業と様々な会社を経験している澤田社長に転職のアドバイスを聞くと、即答で「しないほうがいいですね」と。「本当に自分のやりたいことがはっきりしているのなら転職しても構わないが、今の会社がイヤで他を探すというのは違うと思う」

現場主義

「現場がわからなくては、仕事はできない」

そう語る澤田社長は常に現場を大切にしてきた。

IMAGE

ファミリーマートの社長就任が決まるとすぐに実店舗でスタッフ研修を受けた澤田社長。レジでの接客から商品の発注、品出し、清掃に至るまで店舗スタッフがやる仕事はひと通り体験した。

現場での体験を通してやるべきことが見えてくる。新しいアイデアが浮かぶこともある。コンビニエンスストアでのスタッフ研修から澤田社長の企業改革はスタートしている。

同じ流通業でもユニクロと決定的に違うところは『食』。腐るモノと腐らないモノの違いが、在庫に対するテンションの違いだと言う。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

関連記事

2017.10.19

愚直に

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。