​「うちの子介護はじめてノート」~​「うちのこは、お風呂に入れてええんかい?」の声にお答えします~

2016.11.24

ライフ・ソーシャル

​「うちの子介護はじめてノート」~​「うちのこは、お風呂に入れてええんかい?」の声にお答えします~

武田 真優子
つむぎペットケア 老犬介護スペシャリスト/もふもふ認定動物看護師

7歳以上のシニアと呼ばれるイヌが全体の54.6%、猫では42.1%となり、ペットの高齢化が進んでいます。シニア期にさしかかると、「昨日できていたことが今日できない」ことが、少しずつ増えます。場合によっては飼主さんの介護が必要になります。今回は入浴に関する悩みに対し、どのような点に気をつけるのかをお伝えします。

■「うちの子、お風呂に入れてやってもええのかい?」

この飼主さんは、最近寝たきりになった老齢犬と暮らしています。寝たきりになってから、入浴はさせず、体を拭いています。また心臓が悪いので薬を飲ませています。さて、この飼主さんの「うちの子」はお風呂に入れてもいいのでしょうか。


■入浴は大切なこと。ただし…

はい。皮膚トラブルを防ぐ上で、入浴は大切なことです。ただし、必ずうちの子のようすを見ながら判断をお願いします。ご心配であれば、信頼できる専門家にご相談ください。


■入浴をさせる上で最も大切なこと

入浴をさせる上で最も大切な子は、あなたのうちの子が、シャンプーや入浴をどう思っているのかということです。


●シャンプーも入浴も好き

●どちらかが嫌い

●どちらも嫌い


という3つのパターンのうちの子がいます。その子に合わせた方法を考えましょう。


■シャンプーのとき大人しいけれど…

「うちの子はシャンプーの時、とても大人しいのよ」

大人しくシャンプーをさせてくれることは、ありがたいことですよね。しかし、


「とても大人しい」=「とても緊張している」


ことが、多くあります。決して、彼らが望んで入浴をしているわけではないのです。


Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

武田 真優子

武田 真優子

つむぎペットケア 老犬介護スペシャリスト/もふもふ認定動物看護師

ペットホスピスをつくるために地方移住予定/うさぎと暮らすペットヘルパー/認定動物看護師。老齢動物介護/グリーフケア/ペットマッサージ

フォロー フォローして武田 真優子の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。