今日は何の日 4月25日は「拾得物の日」

画像: PhotoAC acworks

2016.04.25

ライフ・ソーシャル

今日は何の日 4月25日は「拾得物の日」

INSIGHT NOW! 編集部
クイックウィンズ株式会社

1980年4月25日に東京・銀座で風呂敷に包まれた1億円の「落とし物」が拾われ、警察に届けられたことから「拾得物の日」「落とし物の日」とされています。

今日、4月25日は「拾得物の日」です。

1980年4月25日に東京・銀座で風呂敷に包まれた1億円の「落とし物」が拾われ、警察に届けられたことから「拾得物の日」「落とし物の日」とされています。このときの1億円の落とし主は不明なままで、当時の法律に則り6ヵ月後に拾い主のものとなりました。ちなみに1億円のうち約3,400万円は所得税として納付したそうです。

2007年12月10日施行の遺失物法により、警察に届けられた「落とし物」の権利が拾い主に移るまでの期限は3か月となりました。3か月間は警察が預かってくれ、インターネット「落とし物検索」から探すこともできます。ただし、携帯電話や運転免許証、カード類など個人情報が含まれる「落とし物」は、期限が来ても拾い主のものにはなりません。携帯電話は預かった警察から通信事業者に連絡が行くことになっていますので、携帯電話を落としたときはまず事業者に問い合わせをしてみましょう。

また、最大の「落とし物」の取り扱い事業者である公共交通機関には、特例が認められています。洋服や傘などの大量で安価なものについては、2週間の預かり期間を過ぎて落とし主が見つからなかった場合、売るなどして処分することができるのです。電車で忘れたものについては、早めに駅に聞いてみましょう。落とし物を取りまとめている駅に取りに行けば、すぐに返してもらえます。

つい先日、道で財布を拾い交番に届けたのですが、なかなか新鮮な経験でした。まず、財布の中身をぜんぶトレーにあけて、おまわりさんと一緒に、ひとつひとつ指さし確認をします。お金はコインひとつひとつまで、きっちり枚数を数えます。1万円札が何枚からはじまり1円硬貨が何枚まで数えて、所持金が白日の下にさらされます。財布に入っているカード類、診察券やポイントカードまで全部、チェックされます。財布の中身だけで驚くほどその人の生活が「見えて」しまうことに、ひそかに戦慄しました。交番からの帰り道、自分は財布を落とさないようにしようと心に誓ったものです。

落とし主が見つからなければ自動的に拾い主の物になるような気がしていましたが、実際には、拾得物の書類に「権利放棄」という選択肢があります。このときは「権利放棄」にしましたが、さすがに1億円拾ったら考えてしまいそうです。どこかに風呂敷包みが落ちていないか、ちょっと探してみたくなる「拾得物の日」です。

PR INSIGHTNOW!でコンテンツ・マーケティングをはじめませんか?

INSIGHTNOW!でコンテンツ・マーケティングをはじめませんか?

提供会社: クイックウィンズ株式会社
対象: コンテンツ イズ キング だとお考えの方 キラーコンテンツをお持ちの方 キラーコンテンツの...
時期・期間: 利用期間に制限はありません。月2回以上の投稿をお願いしています。
実績数: プロフェッショナル登録:約60名
費用: 基本料金無料。記事投稿のみなら無料です。 コンバージョン1件5,000円の従量課金制。 5...
備考: 自社サイトへの直リンクは原則お断りしています。利用規約につきましてはお申し込み時にお渡しいたします。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

INSIGHT NOW! 編集部

クイックウィンズ株式会社

INSIGHTNOW!運営事務局/編集部です。

フォロー フォローしてINSIGHT NOW! 編集部の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。