今日は何の日 4月15日は「東京ディズニーランド開園記念日」

画像: f59t8y

2016.04.15

ライフ・ソーシャル

今日は何の日 4月15日は「東京ディズニーランド開園記念日」

INSIGHT NOW! 編集部
クイックウィンズ株式会社

1983年4月15日、アメリカ国外初のディズニー・テーマパーク「東京ディズニーランド」が開園しました。

今日、4月15日は東京ディズニーランドの開園記念日です。

1983年のこの日、東京ディズニーランドはアメリカ国外初のディズニーテーマパークとして誕生しました。まだ舞浜駅もなく交通の便の悪い立地にもかかわらず、開園初年度から入園者は1000万人を超え、大型テーマパークの実力を示しました。ちなみに2013年以降、東京ディズニーランドとディズニーシーを合わせた東京ディズニーリゾートの入園者は年間3000万人を超えています。

これは1986年4月、開園3年目の東京ディズニーランドマップです。



アトラクションは31。「マジック・ジャーニー」という85年から2年間しかなかった幻のアトラクションをのぞけば、ほぼ開園当時と変わらない姿をとどめています。

このマップの載っているガイドブックによれば、「パスポート」が大人4,200円、アトラクション券5種類10枚のセット「ビッグ10」が3,900円です。昔はアトラクションごとに値段がちがうチケットがあって、カリブの海賊、ジャングルクルーズ、マークトウェイン号、イッツ・アスモールワールド、ホーンテッドマンション、スペースマウンテンが一番高いE券でした。「入園券」2,700円で入って、アトラクション券を個別に買うということがありえたのです。まるで、今とは別のどこかの遊園地のようです。

東京ディズニーリゾートは開園から30数年、進化し続けています。いまやアトラクションはランドに40、シーに28あり、パレードやショーはランドに13、シーに10あります。とても一日、二日で見られる量ではありません。効率よく回るには、ファスト・パスやショーの抽選アプリ(2015年から実施)をうまく使いこなす技が必要です。意外とネックになるのがレストランでの行列です。こちらも、レストランのプライオリティシーティングをうまく活用しましょう。一度、ランドの外に出て選択肢の多いイクスピアリで食事をとるというのも案外おすすめです。

運営会社オリエンタルランドでは、2023年の40周年に向けて、着々と新たな構想を育てているようです。「美女と野獣」「ふしぎの国のアリス」をテーマとした「ファンタジーランド」再開発や、「アナと雪の女王」をテーマとした「北欧」ポート新設など、聞くだけで夢がふくらみます。まだまだ東京ディズニーリゾートから目が離せません。

PR INSIGHTNOW!でコンテンツ・マーケティングをはじめませんか?

INSIGHTNOW!でコンテンツ・マーケティングをはじめませんか?

提供会社: クイックウィンズ株式会社
対象: コンテンツ イズ キング だとお考えの方 キラーコンテンツをお持ちの方 キラーコンテンツの...
時期・期間: 利用期間に制限はありません。月2回以上の投稿をお願いしています。
実績数: プロフェッショナル登録:約60名
費用: 基本料金無料。記事投稿のみなら無料です。 コンバージョン1件5,000円の従量課金制。 5...
備考: 自社サイトへの直リンクは原則お断りしています。利用規約につきましてはお申し込み時にお渡しいたします。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

INSIGHT NOW! 編集部

クイックウィンズ株式会社

INSIGHTNOW!運営事務局/編集部です。

フォロー フォローしてINSIGHT NOW! 編集部の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。