今さら獣医師に聞けないシリーズ:春の予防~ノミ・マダニ編~

2016.04.18

ライフ・ソーシャル

今さら獣医師に聞けないシリーズ:春の予防~ノミ・マダニ編~

武田 真優子
つむぎペットケア 老犬介護スペシャリスト/もふもふ認定動物看護師

春の予防というと、1)狂犬病予防接種 2)ノミ・マダニの予防 3)フィラリアの検査 4)健康診断の血液検査4つがおおまかに頭に浮かびますが…ここだけの話、「こんなにする必要があるのか?」と思ったことは、ありませんか?かといって、獣医師に今さら聞くのは、なんとなく怖い。そんな愛犬・愛猫の飼主さんのために、前回は、「狂犬病予防接種」をお話ししました。今回は「ノミ・マダニの予防」についてお話しします。

ペットと暮らしているみなさんは、どこかで「外部寄生虫」という言葉を聞いたことがあるかと思います。ノミやマダニは、体の外に着くので、「外部寄生虫」と呼ばれます。


■外部があるなら、内部寄生虫ってあるの?

はい、あります。例えば、次回お話しする「フィラリア症」はまさに内部寄生虫です。他には、小学生の時に検査をした「ギョウ虫」も内部寄生虫ですね。


■そもそも、寄生虫ってなに?

寄生虫は、決まった動物種の体をこっそり借り、ひっそりと生きている虫たちのことです。「宿主特異性」といって、たいていの場合、「その動物の体の中でしか正常に成長できません」。虫なので、脱皮をして大きくなるわけですが、その間に「宿主」が変わることはあります。

「宿主」が変わることの有名な例は、今では都心部では見ることがなくなった「マンソン裂頭条虫」がいます。彼らは苦難な道を経て、成長してゆきます。


ケンミジンコ→オタマジャクシ(成長してカエル)→ヘビ→ネコ と「宿主」が変わるのです。ヘビ→ネコがかなり無茶にみえますが、これが東京でも青梅のほうにいくとまだいるのです。もともとネコはヘビを食べるということですね。


■ノミ・マダニってどんな外部寄生虫なの?

ノミもマダニも、動物の血を吸って栄養にし、卵を産みます。

ノミは、ペットに感染するノミはほとんどが「ネコノミ」です。ものすごいスピードで動物の体を動き回り、そして跳ねます。その跳ね方体調の60倍にも及びます。運良く捕まえられたとても、決してつぶしてなりません。ノミの卵が飛び散ります…。ノミを見つけたら、まずはかかりつけの獣医師にご相談ください。

マダニがペットの体に付くと、ぱっと見た目が おできのように見えます。しかし、よく見ると、「あれ?足がある…?」とぎょっとなります。マダニは十分に血を吸うと、自ら地面に落下します。ノミと同様、マダニを見つけても、無理に引っ張ることは避けてください。「くちばし」が残り、そこから炎症が広がることがあります。


■ノミ・マダニは別の病気を運ぶことがある

ノミは、瓜実条虫という、みなさんが聞いたことがある名前だとサナダムシですが、この内部寄生虫を運ぶことがあります。瓜実条虫がいたら、ノミがいないかもチェックすることをお勧めします。マダニには刺されることで、近年話題になった「重症性血小板減少症候群(SFTS)」 や「ライム病」に感染することがあります。

寄生虫は「宿主特異性」といって、寄生する相手が決まっているものですが、間違って宿主でないところに入ってしまうこともあります。人畜共通感染症といって、ペットとヒトの間で共通する病気もありますから、ペットとの過剰なスキンシップは避けることをお勧めします。また、触れたあとは手を洗うなど、衛生面にもお気をつけください。(ちなみにですが、記者は左手首とうなじの2カ所、真菌に感染されたことがあります。知り合いでは、マイコプラズマ肺炎、ネコ引っ掻き病を発病した方がいます。)

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

武田 真優子

武田 真優子

つむぎペットケア 老犬介護スペシャリスト/もふもふ認定動物看護師

ペットホスピスをつくるために地方移住予定/うさぎと暮らすペットヘルパー/認定動物看護師。老齢動物介護/グリーフケア/ペットマッサージ

フォロー フォローして武田 真優子の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。